• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「新卒は東大ばかり」、喜べぬワケ

理系離れがもたらす波紋

  • クロサカ タツヤ

バックナンバー

2008年7月31日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

情報工学志願者は、100人に1人

 ITとは情報を処理・伝達する技術である。これを学問とするのが情報工学。ITの重要性が叫ばれているのだから、情報工学の人気も高まっているはず。と思いきや…。文部科学省の学校基本調査によると、2007年度は4749人。5年前は4570人だから、ほぼ変わらない。工学部離れがモノ作りの技術力を弱体化させると話題になるが、IT人材が不足している事実も見逃してはならない。

 私には、ぜひ会ってみたい人がいる。それは「人事や採用の問題で悩んだことがない」と即答できる方だ。

 人材は、誰にとっても悩ましい問題である。日頃は“流しのコンサルタント”を自称して企業のあらゆる相談に乗っている私でさえも、大型プロジェクトなどが人材難に陥っている様子を目の当たりにすると、口数が減る。

 人材の問題を軽視できない最大の理由は、改めて言うまでもなく、人間が仕事の原点だからである。アサインされた人がその業務に馴染むか否かで、品質は大きく左右される。こうした特性をリスクとしてとらえ、できる限りヘッジしようとしたのが、近代社会の工業化の一側面である。機械化や業務の定型化によって人間が業務に関与する余地を減らせば、それだけリスクを管理しやすくなるということだ。

 それでも、やはり人材の質が仕事につきまとう。どんなに業務が定型化されても、最後にその部分を制御し、またその結果の責任を取るのは人間なのだから。それにそもそも定型化が困難な業務もある。例えば、私が携わっている事業開発や資本政策などは、「これから作る」というものがほとんどで、いわば不定型業務である。

 実は不定型業務の一種に、イノベーションも含むことができる。「新しい仕組みで社会的価値を生み出すこと」は、まだ存在しないものを作る行為にほかならないからだ。

 日本で「イノベーションの不足」が指摘されて久しい。定型化で管理ができない以上、イノベーションの成否を決するのは人間であり、逆に人材の質がボトルネックになればイノベーションは起きない、ということになる。

イノベーションの原動力が足りない?

 こんな問題意識が的を得ていると思えるエピソードを、最近、知人からこっそり聞いた。某ネットサービス大手のA社。世界的に活動するA社は、日本を重要なサービス・研究開発拠点の一つとして位置づけており、A社で働く知人によると「新卒・中途を問わず積極的に採用を進めている」そうだ。確かにさまざまな広告媒体に登場しており、その本気度がうかがえる。

 一方で、「なかなか期待する人材を採用できない」というA社の悩みも耳に入っていた。そこで雑談ついでに今春・来春あたりの採用の状況を知人に聞いてみたところ、驚かされた。新卒採用については、そのほとんどが東京大学の情報科学や計算機工学といった情報工学方面の出身者ばかりになってしまったという。

コメント18件コメント/レビュー

この記事を読ませていただいて、少し矛盾と違和感を感じております。その会社は学歴を伏せて採用試験をやっても同じ結果になるのか否かを問いたいと思いました。日本の教育は基本的に記憶力を競う所があります。しかしながら実社会では、記憶力より応用力、発想力、適応力の方がより必要と感じております。特に現在は誰でもググれるので、日本の教育で覚える知識はコモディティ化しており、『学業優秀=優秀な人財』とは一概に言えないと思います。ましてや、個人の資質、人財としての価値は大学までの期間だけで計れるものではないと考えます。又、イノベーションに関して言えば、シューペーターゆわく『新結合』が必要と・・・、理系も文系も偏った構成ではイノベーションは起こらないと・・・、これからのITは特にそう感じています。(TM)(2008/08/04)

「日本の「IT自給率」を考える」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

この記事を読ませていただいて、少し矛盾と違和感を感じております。その会社は学歴を伏せて採用試験をやっても同じ結果になるのか否かを問いたいと思いました。日本の教育は基本的に記憶力を競う所があります。しかしながら実社会では、記憶力より応用力、発想力、適応力の方がより必要と感じております。特に現在は誰でもググれるので、日本の教育で覚える知識はコモディティ化しており、『学業優秀=優秀な人財』とは一概に言えないと思います。ましてや、個人の資質、人財としての価値は大学までの期間だけで計れるものではないと考えます。又、イノベーションに関して言えば、シューペーターゆわく『新結合』が必要と・・・、理系も文系も偏った構成ではイノベーションは起こらないと・・・、これからのITは特にそう感じています。(TM)(2008/08/04)

コメントさせていただきます。IT産業というのは極めて知識集約的な産業で、少数の能力のある人間さえいればの基本的なシステムが構築できてしまいます。そういった中で市場を代表するイノベーティブな企業が新しくシステムを作り出すというのは、国でいえば法律を新しく作り出すようなもので、霞が関の官僚のように、どうしても少数の有名大卒の人の手によって作り出されるようになってしまうのは仕方ないことです。また、IT環境は目まぐるしく変化しているので、一度プログラミング言語を覚えたらおしまいというのではなく、そこで求められるのは市場の変化に対応できる頭の柔軟性です。柔軟な頭を持つ人間はほぼ有名大卒に限られるため、その企業の新卒が東大ばかりになるのは仕方ないことでしょうし、そのことが人材が少ないことの証明にはなりません(大学進学率が上がっているのに、東大合格者の大半は限られた有名高校出身者で占められるのと同じです)。(2008/08/02)

これだけ変化が速い時代に、どのような組織(学校)に属しているか、日々どのように考え、行動しているか、は、極めて重要である。ひとりで猛烈に勉強してトップレベルの域まで伸びるような人は稀である。逆に、優れた組織で何とかやっていけている人は、トップレベルの考えや振る舞いを日々目の当たりしていて、その気さえあれば、そこにたどり着ける可能性がある。大学比較をすることは難しいのだが、「こんなところに居ては腐ってしまう」と、滑り止めで入学した大学をすぐにやめて東大を受け直したという人はたくさんいるだろう。ITに限った話ではないが、日本の全体としての問題は、価値あるものを正しく評価できず、価値無いものに惑わされていること。コンピュータやアルゴリズム、あるいは法律やマネジメントといったもの価値を正しく理解している人は(専門家以外で)いったいどれだけいるのだろうか?(2008/08/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長