• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「完全」を目指す地上デジタル放送
読者の皆様はどうお考えですか

2008年7月31日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 地上デジタル放送の先行きを懸念する記事が新聞に載り始めた。きっかけは、総務省やNHK、日本民間放送連盟(民放連)が7月24日、「デジタル放送完全移行推進の集い」を開催し、この集いに合わせて総務省が「地上デジタル放送推進総合対策」を発表したこと。地上デジタル放送の是非については、かなり以前から書籍や雑誌、インターネットなど、テレビと新聞以外のメディアによって論じられてきたが、ついに新聞も追随したことになる。

 筆者は主に雑誌やインターネットで執筆している記者だが、地上デジタル放送問題については追いかけてこなかった。したがって筆者があれこれ書くより、日経ビジネス オンラインの読者の皆様に議論していただく方がよいと思われる。以下の一文は議論の素材として公開するものだ。

 新聞各紙の記事を眺めていると、完全移行の日である2011年7月24日までに、デジタル放送が見られる受信機が全世帯に普及するかどうかを論じたものが多い。アナログテレビが大量に残っていると、2011年7月24日は「テレビが映らなくなる日」として記録されかねない。「テレビ放送が映らず、うちのテレビがいきなり粗大ゴミになった」といった、利用者側から見た話は新聞として取り上げやすい。

完全デジタル化に向け、今後3年間で9000超の中継局を設置へ

 これに対し本稿においては供給者、すなわち放送業者の視点から、地上デジタル放送の課題を、読者の皆様と考えてみたい。地上デジタル放送全体については、上武大学大学院の池田信夫教授が詳しいので、インタビュー記事「誰のためのデジタル放送か?前編」「同後編」や、池田氏の「地上波デジタルFAQ」を参照していただきたい。

 ここで供給者側のことを書く理由は、7月25日に情報通信政策フォーラムが開いたシンポジウム「2011年 地上デジタル移行は完了するのか」に参加し、テレビ放送の「完全デジタル化」に必要な中継局の設置状況を聞いて、いささか驚いたからである。

 シンポジウムのパネルディスカッションに登壇した総務省の吉田博史・地上放送課長は「この3月末までに約2000局が開局し、国内全世帯の93%に地上デジタル放送が可能になっている。残る7%を対象に、これから3年間で約9500局を設置・開局する計画」といった内容を述べた。筆者の聞き間違い、書き間違いではないかと思う読者がおられるかもしれないので、念のため地上放送課に確認した数字を、NHKと民放の内訳を含めて書いておく。

 この3月末までに、NHKが683局、民放が1299局、合わせて1982局が既に開局済み。93%という数字は、NHKについてである。つまり683局で、93%の世帯にデジタル放送ができている。さらにこれから3年間で、NHKが3732局、民放が5785局、合わせて9517局を設置・開局していく。NHKについては残る7%のために、3732局が必要となる。2011年7月24日の完全デジタル化の際には、NHK4415局、民放7084局、合わせて1万1499局が開局する計画である。

コメント83件コメント/レビュー

電波を送る側の完全性を目指す論理は分かります。しかし、老人や山間部の所謂弱者のことろ言うなら、受信装置を買い換えなければならない点も議論すべきだと思います。受信装置はそれないの値段がするそうですし、そもそも送信側の論理に従ってわざわざお金を出して買い換えなければならないのはおかしな話です。弱者保護というなら、デジタル放送と平行して同じ番組内容を地上波放送で同時送信すべきだと思います。(2008/08/16)

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

「「完全」を目指す地上デジタル放送
読者の皆様はどうお考えですか」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BP総研

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者。2009年1月から編集長。2015年から日経BP総研 上席研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

電波を送る側の完全性を目指す論理は分かります。しかし、老人や山間部の所謂弱者のことろ言うなら、受信装置を買い換えなければならない点も議論すべきだと思います。受信装置はそれないの値段がするそうですし、そもそも送信側の論理に従ってわざわざお金を出して買い換えなければならないのはおかしな話です。弱者保護というなら、デジタル放送と平行して同じ番組内容を地上波放送で同時送信すべきだと思います。(2008/08/16)

放送の情報を受動的に受け取れることが国民の権利なのか,Broadcastなんだから情報を取りに行くのは各人に任されている,と考えるのかに依り議論が異なる.私は新聞を取っていないが,国政選挙で自治体からの広報(新聞折込みで配ったらしい)が届かなかった.最近は新聞を取らない人が増えたせいか,別途配布されるように改善された. 官僚が「べきだ」と言うのは殆どがビジョンではなく面子にこだわる場合と思っている. 個人的には難視聴地域に他と桁違いの投資をするのは馬鹿げていると考える.BS枠にニュースとお知らせだけ乗せたらどうか.スカパーにNHKニュースがあっても良い.(2008/08/07)

PC業界では昨年末から話題になっていた別売り地デジチューナーが鳴り物入りで今年から販売されたものの"まったくもって"売れておりませんでした。ところが投売りされている商品を解析した一部ギークなユーザーが先月プロテクトの解除に成功し、コピーフリーな利用が可能になった途端投売りされていた特定商品に人気が殺到、各所で投売りされていた同品が市中から払底、完売となった挙句、騒動の顛末として業界団体とメーカーが慌てて商品を自主回収する羽目にいたったそうです。(騒動自体は一部ギークが騒いでいるだけなので一般的な風潮とはとても思いませんが)この騒ぎを見てもユーザーが何を求め、メーカー(業界団体)とどうずれているかその軋轢の有無は明白でしょう。視聴地域にかかわらず、戸建に住む視聴者はCATVでも契約しない限りアンテナの交換設置など意外と馬鹿にならない支出を要求される訳ですが、いくら不感症なユーザー層も目の前の財布から札を出す段階になれば鈍感ではいられないでしょう。ダビング10しかりハンパものの半官製不況や不要な支出を押し付けられる市場(ユーザー)は堪ったものではないでしょうね。ByもはやTVを使っていない一読者(2008/08/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長