• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ガソリン高騰時代のクルマ選び(2)

軽自動車は1000cc車より「燃費がイイ」のか?

  • 牧野 茂雄

バックナンバー

2008年8月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 軽自動車は「維持費が安い」と言われる。確かに税金と任意保険は、登録車(エンジン排気量660cc以上のクルマ)より割安だ。乗車定員4人以下、積載量350キログラム以下という制限に加え、エンジン排気量は660cc以下、車体寸法は全長3400×全幅1480×全高2000ミリ以下に制限されたミニマムトランスポーターである見返りに、いくつかの恩典がある。しかし、燃費という点で考えると、必ずしも「良い」とは言えない。

 現在、乗用車としての軽自動車は、車高の高い「ハイトワゴン」が主流だ。いわゆる「セダン系」が全高1500ミリ前後であるのに対し、ハイト系は1600ミリ以上ある。ダイハツ工業「タント」やスズキ「パレット」は1700ミリを超え、日本人男性の平均身長とそれほど変わらない高さだ。

カーブでの運転性能が格段に進化している

 最近の軽自動車を運転してみれば、これが実にキビキビと走る。背の高さ(つまり重心の高さ)がマイナスになっているとは思えない。背高乗用車の運動性能は、ボディー側の技術の進歩によって格段に向上した。カーブを曲がる時、その昔は大きな上屋が急にガクンと旋回外側に倒れ込み、運転していて不安になるようなクルマが多かった。

Tanto

すっかりダイハツ軽の売れ筋に成長したタント。全高1750ミリは軽ハイト系の中でもトップ。先代を超えた広い室内が売り

 例えばダイハツ「タント」は、ゆっくりと、しかし深く旋回外側前輪方向にボディーが沈み込み、しっかりと足を踏ん張りながらキレイにカーブを曲がってくれる。ボディーの倒れ込み(ロール)については、日本市場では「怖い」と感じる人が多いという。しかし、沈み込むタイミングと速度をうまくしつければ、むしろ「今クルマがカーブを曲がっていますよ」というサインになる。スキーでもスノーボードでも、カーブを曲がる時に感じる横方向の力に合わせて身体の姿勢を自分でコントロールできるのが人間であり、適度なロール感はむしろ自然に感じる。

 スズキ「パレット」も、カーブを曲がる時の感触はいい。クルマ自身が左右の体重移動をうまく使っているような印象である。カーブを抜け、カーブの出口でゆっくりとアクセルペダルを踏み込んでゆくと、軽快に加速する。ターボエンジン車では、3人乗車でも十分に軽快だ。カーブに合わせてボディーが左右に揺れる時の揺れ方と、ブレーキを踏んで前輪に車重が移動する時の前後方向の揺れ方、あるいは加速する時に後輪に荷重が移動する時の前後方向の揺れ方のリズムは、ターボではない非力なエンジンの仕様の方が自然でいいように感じたが、広い室内に3~4人の乗員を乗せたり大量の荷物を積んだりすることを思うと「トルクのあるターボがいいな」と思う。

1000~1300ccのクルマと燃費を比較してみた

 燃費は、約6割が高速道路という使い方で12キロ/リットル。私のいつもの試乗コースは1周が約100キロの「大きな円」であり、平均車速はほとんどのケースで時速30キロ台である。燃料満タンでスタートし、乗員と荷物の合計重量をいつもほぼ同じにして計測している。その計測で、トヨタ自動車「ヴィッツ」1000ccとマツダ「デミオ」1300cc車は、ダイハツ「タント」やスズキ「パレット」といった軽ハイトワゴンより燃費が良かった。

コメント9件コメント/レビュー

記事の中でも触れておられたかと思いますが、軽自動車の燃費が思ったより良くないのは、車両重量に対して排気量の少ないエンジンを頻繁に高回転・高負荷で使用することにあると思います。この排気量制限故に燃費に対して不利になっていることを考えれば660ccという排気量制限は変更するべきで、このことは軽自動車の存在意義に反することではないと思います。代わりにエンジンの最高出力による制限。車両重量による制限。これに加え、やや拡大した排気量(800cc から 1000cc)での制限とするのが良いと思います。製造メーカの利害等あるかと思いますが、そこは何とか乗り越えてほしいところです。(2008/08/06)

「牧野茂雄の「深読み自動車マーケット」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

記事の中でも触れておられたかと思いますが、軽自動車の燃費が思ったより良くないのは、車両重量に対して排気量の少ないエンジンを頻繁に高回転・高負荷で使用することにあると思います。この排気量制限故に燃費に対して不利になっていることを考えれば660ccという排気量制限は変更するべきで、このことは軽自動車の存在意義に反することではないと思います。代わりにエンジンの最高出力による制限。車両重量による制限。これに加え、やや拡大した排気量(800cc から 1000cc)での制限とするのが良いと思います。製造メーカの利害等あるかと思いますが、そこは何とか乗り越えてほしいところです。(2008/08/06)

燃費比較は大変興味深い結果でしたが、果たして軽自動車で高速道路の比率が6割という利用は一般的でしょうか。もちろんデータ比較という意味では同じ土俵で比較しないと意味がありません。でも実際の燃費は利用する環境でそれぞれ違いますので、一概にどのモードで比較すればよいというものではないと考えます。(2008/08/05)

コメントに対するコメントで申し訳ないのですが、>燃費の悪い軽自動車の諸々の特典はもう廃止して(中略)>小型車並に負担してもらう逆でしょう?普通自動車の各種維持費を軽自動車並に引き下げて、ガソリン税を上げる。その中から現在の「自動車取得税、登録料、自動車重量税」等の税収を補填すれば、ガソリンの消費量に応じた(CO2排出量に応じた)支出となるでしょう。確かに、我が家のタントは10Km/l程度ですがね?年間走行処理が2500Km未満なので、維持費を上げられたら非常に困ってしまいます(笑)(2008/08/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長