• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

20年で変貌したシミュレーション設計の世界

経営の世界で、先を読む「シミュレーション経営学」を発展させよ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2008年8月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 22年前の5月から6月にかけて2週間半ローマに滞在した。イタリアの国立船舶研究所の初代客員教授として招かれ、集中講義と個別指導をすることになったのだ。ローマ大学航空学科のP教授が私をその研究所に推薦した結果だった。

 コロッセオ近くの安いホテルに泊まり、毎朝地下鉄で15分南へ向かい、駅を出ると、若い研究員の車が待っていた。毎日8時間勤務で、土曜日も出勤だった。郊外の研究所なので、抜け出すこともできなかった。研究員たちと構内の食堂で毎日パスタの昼食を摂り、彼らにつき合って、食後にカプチーノを飲んでいた。もう昼なのにエスプレッソでなくカプチーノですか、とからかわれていたが、だんだん食後のカプチーノが欠かせなくなっていった。

 この研究室にはイタリア唯一と言っていい、長さ200メートルほどの流体実験用施設があり、連日実験が行われていた。いわば運輸省と防衛省の両方のための研究所のような形で運営されていたので、滞在中も実験そのものを見せてもらうことはなかった。イタリア海軍でも、と言っては失礼だが、極秘の技術情報やそのための実験があるのだ。

 ローマに滞在した1986年まで、造船大国の次のレベルの国であるイタリアのすべての流体力学的な設計、つまり船の形状の設計は、軍用の船も商船も実験によって行われていた。実験設計学が設計法の100%だったのだ。もちろん日本でも、その他の欧米諸国でも少し前までは同じだった。

実験設計学からシミュレーション設計学への進歩

 その世界を変えたのは私だった。まだ30代の初めだったのだが、コンピューターサイエンスを流体力学に応用して、コンピューターシミュレーションによって船の形状を設計できるようにした。1983年のことだ。だから、1980年代は世界中から引く手あまただった。

 流体力学はいろいろある力学の分野の中で一番難しい分野に属する。流体力学を支配する方程式はナビエ・ストークス式と呼ぶが、直接解くことは不可能だ。もし解ければ、賞金が与えられることになっているほどだ。私はその問題の波に関する部分をコンピューターの力を借りて解いた最初の研究者だった。

 1993年にアメリカズカップの仕事を引き受けた時も、コンピューターサイエンスによる設計の世界では世界のトップにいたことが、この仕事を引き受けた理由の1つである。競争優位の技術を持っていないまま引き受けては詐欺になってしまう。

コメント8件コメント/レビュー

論旨をざっくりと整理すると、経営の段階を「古典」→「実験」→「シミュレーション」と洗練させ、世界規模の情報統合と未来予測を高い精度で行う。これを以って、現在の混乱状況から脱却する、といったところでしょうか。論旨そのものは宮田先生が一環して述べられていることで、概ね同意できます。ただ、論を展開されている中で何点か気になった点があります。ノーベル経済学賞に、の段落での批判内容ですが、1)実験は自然科学では古典的だからノーベル経済学賞で実験経済学の研究者が選ばれるのは疑問がある→Aという分野では当然のことが、Bという分野では様々な要因により当然になってない状況で、うまくBという分野に適用できるようなモデルを考えたとすれば、それはBという分野での新しい発見であり、それを表彰することがそんなに疑問でしょうか?2)実社会はゲーム理論よりはるかに複雑、ゲーム理論は経済や経営の世界で使えない→前段はご指摘の通りです。では宮田先生の流体力学で用いる方程式は一次方程式のように単純でしょうか?ゲーム理論も精度の高い未来予測に用いるのにはまだ力不足でしょうが今後貢献できる可能性は全くゼロでしょうか?その検証もせずいきなり「ゲーム理論が使えるとは思えない」と断じるのは性急すぎるように思います。このコラム全般の印象も混じってしまいますが、ご自身が実際にシミュレーションを行った事例を語られる際は、わかりやすく非常に説得的なのですが、一歩そこから離れると、どうもステレオタイプな主張が多く説得力に欠ける点、大変疑問でかつ、また残念に思うところでもあります。(2008/08/01)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

論旨をざっくりと整理すると、経営の段階を「古典」→「実験」→「シミュレーション」と洗練させ、世界規模の情報統合と未来予測を高い精度で行う。これを以って、現在の混乱状況から脱却する、といったところでしょうか。論旨そのものは宮田先生が一環して述べられていることで、概ね同意できます。ただ、論を展開されている中で何点か気になった点があります。ノーベル経済学賞に、の段落での批判内容ですが、1)実験は自然科学では古典的だからノーベル経済学賞で実験経済学の研究者が選ばれるのは疑問がある→Aという分野では当然のことが、Bという分野では様々な要因により当然になってない状況で、うまくBという分野に適用できるようなモデルを考えたとすれば、それはBという分野での新しい発見であり、それを表彰することがそんなに疑問でしょうか?2)実社会はゲーム理論よりはるかに複雑、ゲーム理論は経済や経営の世界で使えない→前段はご指摘の通りです。では宮田先生の流体力学で用いる方程式は一次方程式のように単純でしょうか?ゲーム理論も精度の高い未来予測に用いるのにはまだ力不足でしょうが今後貢献できる可能性は全くゼロでしょうか?その検証もせずいきなり「ゲーム理論が使えるとは思えない」と断じるのは性急すぎるように思います。このコラム全般の印象も混じってしまいますが、ご自身が実際にシミュレーションを行った事例を語られる際は、わかりやすく非常に説得的なのですが、一歩そこから離れると、どうもステレオタイプな主張が多く説得力に欠ける点、大変疑問でかつ、また残念に思うところでもあります。(2008/08/01)

同感。だいたい、経済といって、結局、人間の欲望というのは単純なもので、ファクターとして扱うのにそんなに難しいものではない。たしかに、判断のバイアスとか、認知行動学的にはいろいろあるけれども。ハードの方は格段に進歩しているのだから、経済だけでなく政治判断も含めて、もうちょっと洗練させてほしいもの。(ただし、技術が悪用されないための心配も十分にしておかないといけないが)(2008/08/01)

できるのなら誰かがやっていると思うんですがどうすればできるのかという何か考えがあるならば教えていただけるとうれしいです.付随する理論(それぞれは今後役立つかもしれないし,役立たないかもしれない)がまったくない状況で現実的なモデルを作ることが可能でしょうか?まるで最短距離を知っているような書きぶりですがどうなのでしょうか?(2008/08/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長