• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日産のハイブリッド1号は「スカイライン」

「小型車並み燃費」をアピール

  • 池原 照雄

バックナンバー

2008年9月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日産自動車が2010年度に日米で発売する自社開発のハイブリッド車(HV)の試作モデルを公開した。筆者が注目していたベース車両は、V6型3.5リッターエンジンを搭載した「スカイライン」だった。

スカイラインをベースにしたHV試作モデルの車両

スカイラインをベースにしたHV試作モデルの車両

 言うまでもなくスカイラインはFR(前部エンジン後輪駆動)のハイパフォーマンスカーであり、走りと高い燃費性能の両立を狙う。もっと下のクラスかと想定していたが、後発のハンディを補うには賢明な選択かもしれない。

 2次バッテリーは、トヨタ自動車とホンダのHVに採用されているニッケル水素電池よりもエネルギー密度や単位容量当たりの出力を高められる「リチウムイオン電池」を搭載している。

 システムは、エンジンとモーターの両方を動力に使用する「パラレル方式」で、ホンダと同じ。ただし、ホンダがエンジンの出力軸(クランクシャフト)とモーターを一体的に配置するのとは異なるレイアウトにしている(一方トヨタは、モーターを2基搭載する「シリーズ・パラレル併用方式」を採用。この方式では、モーターの1つはもっぱらエンジンの動力で発電する役割を担う。シリーズ式というのは、エンジンを走行のための動力に使わず、発電機を回す方式であり、バッテリーに蓄電し、その電気でモーターを回す方式。この機能とパラレルを合体させたのが「シリーズ・パラレル方式」である)。

 日産はエンジンとモーター、モーターと変速機(トランスミッション)の間に、それぞれクラッチを配している。モーターによるEV(電気自動車)走行時と、減速時のエネルギー回生時にはエンジンとモーターの間のクラッチは切り離され、エンジンも停止させる。

 変速機からはトルクコンバーターを取り除いている。このためエンジン走行時と、それにモーターアシストが加わるフル加速時にはエンジン、モーター、変速機が機械的に連結される。加速レスポンスを追求した機構だ。

 モーターを挟むようにクラッチを置くのでスペースはかさむ。床下のスペースが使えるFRだからできるシステムだと思う。日産関係者によると、独ポルシェが独VW(フォルクスワーゲン)とともに開発しているポルシェ向けのハイブリッドも類似の方式になるという。

試乗して味わった「すごい加速感」

 日産の追浜テストコース(神奈川県横須賀市)で、試作HVのハンドルを握る機会を得た。わずか1キロ余りの試乗コースだったが、短い直線路で時速120キロまで出すことができた。

 かつて、同じV6型3.5リッターエンジンを搭載したトヨタのHV「レクサスGS450h」にも試乗したことがある。ともにわずかの距離なので、どちらも「すごい加速感」だけが印象に残った。

コメント3

「池原照雄の「最強業界探訪--自動車プラスα」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監