• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

次期首相のITの“情識”に期待
国民総背番号制の導入決断を

2008年9月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「福田康夫首相の辞意表明を受けて、日経ビジネスオンラインでも緊急特集をします。IT(情報技術)に絡めて、何か書いてもらえませんか」。日経ビジネスオンラインの廣松編集長からメールが届いた時、時計の針は9月1日夜11時19分を指していた。

 その直前、筆者は編集長に所用があり、2階下のフロアの編集長席まで行ったが不在。そこで自席まで戻り、編集長に用件をメールしたところすぐに返信があり、冒頭の依頼が書き添えられていた。どうやら、別室で緊急特集の案を練っていたところだったらしい。ネットやメールが存在しなければ、こういうやり取りは発生せず、編集長からの執筆依頼はなかったろう。メールは、明らかに仕事を増やす道具である。

 辞意表明した人のことを論じても生産的ではないから、次期首相について何か書くべきだが、あいにく筆者はIT関連記者であって、政治のことはよく分からない。そもそも23年間の記者生活で、名刺交換をした政治家は3人くらいしかいない。ただ、そのうち2人が次期首相を巡る報道に登場するので、筆者なりの印象を記し、後半に次期首相に期待したいことを述べてみる。

ITの効能を分かりやすく語る麻生氏

 名刺交換をした1人は、麻生太郎氏である。2004年1月7日、通信関連企業の業界団体である情報通信ネットワーク産業協会の新年賀詞交歓会でお目にかかった。といっても、交歓会の挨拶を終えた麻生氏が会場を去る間際に名刺交換をしただけで、話はほとんどしていない。当時、麻生氏は総務大臣を務めており、通信関連業界を管轄していた。

 麻生氏の挨拶は大変面白いもので、詰めかけた出席者を何度も沸かせていた。そのことは『「ネットワークで活力ある高齢社会を」麻生総務相大いに語る』と題したコラムに書き、2004年1月28日に、日経ビジネスオンラインの前身である日経ビジネスEXPRESSに公開したほか、筆者が編集責任者を務める「経営とIT新潮流」というウェブサイトに再掲した(「ITと活力ある高齢化社会」)。

 4年後の今、自分で書いたコラムを読み直すと、麻生氏に相当好意的な内容であった。首相を意識した最近の発言に関しては疑問に思うことがあるが、それはさておき、麻生氏が“情識”(ITの使いこなしに関する常識)を持っていることは間違いない。ちなみに本コラムの題名である「情識」は本来、「頑固、強情」といった意味であるが、ここでは造語として使っている。

 なぜ好意的なコラムを書いたかと言えば、麻生氏の話が分かりやすく、かつ前向きだったからだ。いわゆるブロードバンド(高速大容量)ネットワークがもたらす効能として、麻生氏は医療分野への応用を挙げ、「ネットワークで日本を活力ある高齢社会にしよう」と語りかけた。昨今、ITに絡む話題と言えば、情報漏洩や情報システムの故障、あるいは内部統制や環境問題など、重大ではあるが心躍らないものばかりである。脳天気にITの可能性を唱えられても困るが、次期首相はITへの前向きな期待を表明してほしいと思う。

コメント9件コメント/レビュー

 国民背番号制に反対する人々と意見を交換したことが実際にありそうには思えない。ITを活用する立場にある役人たちのセキュリティに対する知識の格差をご存じないと思われる。国民背番号制が実現したときにプライバシーが維持できないと感じている国民の主張に根拠があることをご存じないように見える。(2008/09/10)

「経営の情識」のバックナンバー

一覧

「次期首相のITの“情識”に期待
国民総背番号制の導入決断を」の著者

谷島 宣之

谷島 宣之(やじま・のぶゆき)

日経BP総研

一貫してビジネスとテクノロジーの関わりについて執筆。1985年から日経コンピュータ記者。2009年1月から編集長。2015年から日経BP総研 上席研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 国民背番号制に反対する人々と意見を交換したことが実際にありそうには思えない。ITを活用する立場にある役人たちのセキュリティに対する知識の格差をご存じないと思われる。国民背番号制が実現したときにプライバシーが維持できないと感じている国民の主張に根拠があることをご存じないように見える。(2008/09/10)

国民背番号制というお、管理社会というイメージがあり、詳細議論に入る前に、感情的に禁忌されている面があると思う。パスポート取得を国民全員に義務付け、銀行口座の開設にも利用できるようにする、カルテに記載して、複数の医療機関で情報を共有できるようにする、ということと同じである、というような語り口にすれば、抵抗感もやわらぐのではないだろうか。免許証にしても、都道府県で発行しているものを、全国機関で発行して一元管理することと同じで、現在既に取得している身分証明書の機能拡張と考えれば、それ程恐れることは無い。マイナスの面とプラス面を整理し、マイナス面にはしかるべき対応をすれば良いわけです。私はIT業界に属していますが、谷島氏の指摘するように、ユニーク番号があれば、膨大なシステムが不要となり、より生産的で競争力向上へのIT投資が可能となることは間違いないのです。日本の国際競争力向上の為にも、(名前を変えて)、課題を整理して導入すべきです。(2008/09/09)

所謂「国民総背番号制」に基本的には賛成である。但し、同様の制度の謂わば先進国である米国や韓国でそのデメリット、即ち「その個人の全ての情報がその背番号を以ってアクセスされ悪用されるリスク」がある点をどうように克服するかが最大の問題であると考える。この問題の解決なくして、導入は困難と謂わざるを得ない。(2008/09/06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長