• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

福田首相のリーダーシップと米大統領選

日本に今必要なのは、正しく「変化」させること

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2008年9月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 福田康夫首相の突然の退陣には全国民がびっくりしたというより、あきれているだろう。昨年の安倍晋三首相の時と時期もパターンも似ているので、またかと冷めた目で見た方も多かっただろう。一般に、責任あるリーダーには、なりたい人ではなく、なるべき人がなるべきだ。1年前の時点で福田さんはなりたい人ではなかった。人格的には優れていたのかもしれないが、結局、リーダーとしての能力がなさすぎた。

 一番はっきりとしたのは、今の日本の政治家の中にはリーダーがいないということだ。次の首相に誰が選ばれても、あまり変わらないだろうなという雰囲気が蔓延している。みんな2世3世のおぼっちゃまで、国内の様々な現場を理解していないと同時に、世界的な広い視野を持たず、おまけに国を経営する役目なのに、経営とかマネジメントに必要な論理力や構想力、人間力が十分ではないようなのだ。

昔の政治家は顔に力があった

 失礼を承知で言えば、昔の政治家に比べて、まず顔に力が無い。顔は自らが追求する哲学や理想、過去に経験した苦労によって作られると思うのだが、そんな重みが感じられない。
 
 歴史的に見ても、今は日本に変化が求められている時と言ってもいいと思う。中国が毎年年率10%で経済成長し、日本が1%のままだとしたら、10年後には中国は3倍に成長し、日本は今とそう変わらない。今変化しなければ貿易収支が赤字に転落し、経済が収縮し、社会はどんどん暗くなるかもしれない。

 ほとんどの人は、この流れは止められないとあきらめているのではないだろうか。政治家や官僚が、施策を的確に実行してこの悪い流れを止めると信じている人もほとんどいないのではないかと思う。

 今度の総額11.7兆円の総合経済対策についても、これまでと同じ対症療法のようなものでその場限りのものだから、とりあえず少し楽になるかもしれないが、病の進行を止めることはできないだろう。日本全体に大きな外科手術が必要なのに、しばらく薬でゴマかしておこうとしているようなものだ。つまり政治家にも官僚にも外科医の役割が求められているのに、まるでヤブ医者のような役割しか演じられない人ばかりのようだ。

 それ以前に診断能力も欠如している。例えば、中国向けの輸出額が米国向けを超えたのに、米国経済が復調に向かえば「日本経済も並行して元に戻ると確信している」などということを言う方が日本の責任者なのだ。せめてもう少し勉強してほしいのだが。

コメント5

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師