• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「一難去らずに、また一難」のケータイ

契約者数が頭打ちの携帯電話市場

  • クロサカ タツヤ

バックナンバー

2008年9月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ノキア、サムスン電子で5割超

 三洋電機や三菱電機が携帯事業を撤退したことからも分かるように、生き残りが厳しくなっている携帯端末メーカー。世界ではシェア38.3%でトップのノキア(フィンランド)、同14.1%で第2位のサムスン電子(韓国)など上位メーカーが伸びており、寡占化が進む。日本に安住していては、国産携帯端末メーカーに未来はない。

 福田首相の辞任表明によって、一気に政治の季節が訪れた。あちらこちらで、日本の将来を憂い、変革を望む声が聞こえてくる。確かに政治解決が必要な課題は山積みしているし、GDP(国内総生産)に占める公的部門の割合や民間部門への波及効果を考えれば、国民経済に与える政治の影響は非常に大きい。

 しかし、仮に政権交代が実現したとして、すぐに大きく変わるわけではない。当たり前だが、政治を含めた公的部門は本来、脇役。主役はあくまで国民であり、民間による自由な経済活動である。だとしたら、主役である私たち自身、あるいは民間部門自身が変わらなければ、何も変わらないのである。

 変えるべき現状に対して、目の前の現象に踊らされることなく、問題の本質を探り、変化の道筋を考える。こうした意識の必要性は、政治に限らず、今回の本題である携帯電話市場にもあてはまる。

iPhoneは「トレンドセッター」

 iPhone(アイフォーン)が上陸して2カ月。発表直後は、日本の携帯電話市場が変わる、と喧伝されたものだが、売り上げも予想以上に小さく、大山鳴動して鼠一匹の状況である。発売されたらまず飛びつきそうなネットマニア近くにいる私でさえも、実際に買った人を見かけることは多くはない。

 別媒体で書いているコラム( 「ストレンジャー・ザン・iPhone」 )でも以前に触れたが、この状況自体は概ね見通せていた。製品の完成度の低さは実際に触れば分かるし、日本でサービスを展開する通信キャリアは、3G(第3世代)インフラへの転換が最も遅れているソフトバンクモバイルである。まして相手は、高度なモバイル利用に馴染み、目の肥えたユーザーたちである。常識的に考えて、少なくとも日本でバカ売れするような状況にはない。

 ただし当のアップル自身は、そんなことは百も承知だったはずだ。彼らは通信キャリアからの費用徴収(一説には1台5万円と聞く)や、アップル自身のネットサービスの有料提供など、端末の売り上げのみを当てにしない多様なビジネスモデルを組んでいる。それにiPhoneがもたらした新しい情報利用体験は、仮にそれ自体がブレイクしなくても、おそらく今後のトレンドの1つとなろう。その事業化を、先行者という形で、しかもワールドワイドに展開できたのだから、彼らが得たものは大きい。

 だからiPhoneがブレイクしなかったとか、不良品が出たからといって、日本の携帯電話端末メーカーが安泰かといえば、そんなことはまったくない。むしろ、新しい価値観に基づいたビジネス展開に関して、周回遅れを宣告された、と受け止めるべきだろう。それこそ価格1つとってみても、iPhoneよりも古い価値観の高機能端末を、iPhoneよりも高い値段でしか提供できないメーカーは、少なくないはずだ。

いよいよ本格上陸するノキア

 一方で日本の携帯電話市場の行く末には、もう1つ大きな難敵が存在する。むしろアップルよりもこちらの方がよりやっかいな存在だろう。なぜなら彼らは、世界市場を征服しているばかりか、その勢いで日本にも再びなだれ込もうとしているからだ。

 その名はノキア。これまでも日本でいくつか製品を投入しているが、その筋の方にはよく知られている通り、世界最大シェアを誇る、フィンランドの携帯電話端末メーカーだ。最近は中国のベンダーに製品技術をライセンス供与したり、半導体事業者を買収して3Gのチップセットを自前で製作したり、さらには端末のみならず基地局等の設備に関しても世界第2位のシェアを確保したり、と活発な動きを見せている。

コメント0

「日本の「IT自給率」を考える」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック