• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

小泉元首相の引退は「プロの引き際」にあらず

美空ひばりや野茂英雄の執着心との大きな差異

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2008年10月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 音楽は最大の不得意分野だ。嫌いなわけではない。この原稿も30年前のカリフォルニアの音楽を聞きながら書いている。でも歌手も曲名もほとんど何も知らない。

 ある日のこと、秘書の女性に聞かれた。「先生、○○知ってます?」
 どうやら歌手の名前らしいが、私は「知らない」と返事した。

 彼女はもう一度口を開いた。「それでは、トキオ知ってます?」
 私の答えは同じだった。そして彼女との会話は途絶えてしまった。

 若い頃から、ニュースと天気予報ぐらいしかテレビを見ない生活スタイルが続いていることの影響が大きい。その私がある日ニュースを見ようとして、代わりに美空ひばりの回顧番組を見てしまった。私もさすがに美空ひばりは知っている。小学生の時、映画好きの母に連れられて彼女の映画を見に行ったこともある。

美空ひばりと野茂英雄の引き際の共通点

 美空ひばりのプロとしての生き様には感動した。家族を失い、健康を害しながら、最後までプロフェッショナルの生き方を貫いた。プロのまま戦死したような人だ。超一流のプロは力のある限りプロであり続けようとするのだ。つらいから引退しようなどと思うことは最初から頭の中で削除してしまっているようだ。

 今年引退した野球界の野茂英雄投手も同じような人だと思う。もちろん全く面識のない方だが、私がアメリカズカップの仕事に携わっていた時、ある米国人経営者が言った。「日本の野茂とアメリカズカップとサントリーウイスキーには感心したよ」。

 20代の会社員の時、会社の仲間が作った草野球チームに所属していた。東京都の中央区野球連盟第4部(一番下のレベル)に属するチームで、私の役割は敗戦処理投手のことが多かった。球は速いがコントロールがダメだった。最悪の時は、2連続三振と3連続フォアボールを繰り返すという具合だった。だから、野球のポジションの中で投手が一番孤独な仕事だということが少し分かる。

 スポーツは体力の限界があるので、死ぬまで現役を続けるというわけにはいかない。しかし、執拗なまでプロの投手であり続けようとした野茂の生き方に感動を覚える人は多いと思う。

 そして小泉純一郎元首相の引退である。

コメント61件コメント/レビュー

○私は野茂の大ファンです。またここに記載されている首相以外の人物は、いずれも素晴しいプロフェッショナルですが、責任者ではありません(たとえば、野茂がどんなに試合に出たいといっても監督に権限がある)。一国の総理大臣と同列に扱うのはいかがなものか?(判断の影響度がまったく違う)。○また小泉首相が引退というのはいかがなものか?地盤かんばん何とかを息子に相続したのであって、こういうのをマスコミが突然の引退とかいうのもすごい違和感を感じる。○無責任というのも理解しがたい。(今は総理大臣ではないのだから)。(現在問題になっている後期高齢者も年金問題も、さらにいえばサブプライムに関連した金融資本主義もすべて小泉総理時代の産物であって安部や福田総理には直接的な責任はないのですよ。そういう状態を知っているからしつこく残ってたらボロが出るのは本人が一番良く知ってるはずです)。(2008/10/06)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

○私は野茂の大ファンです。またここに記載されている首相以外の人物は、いずれも素晴しいプロフェッショナルですが、責任者ではありません(たとえば、野茂がどんなに試合に出たいといっても監督に権限がある)。一国の総理大臣と同列に扱うのはいかがなものか?(判断の影響度がまったく違う)。○また小泉首相が引退というのはいかがなものか?地盤かんばん何とかを息子に相続したのであって、こういうのをマスコミが突然の引退とかいうのもすごい違和感を感じる。○無責任というのも理解しがたい。(今は総理大臣ではないのだから)。(現在問題になっている後期高齢者も年金問題も、さらにいえばサブプライムに関連した金融資本主義もすべて小泉総理時代の産物であって安部や福田総理には直接的な責任はないのですよ。そういう状態を知っているからしつこく残ってたらボロが出るのは本人が一番良く知ってるはずです)。(2008/10/06)

宮田先生のご意見にまったく賛同するものです。やはり「自民党をぶっ壊す」と宣言し、郵政民営化に「賛成か、反対か」の“小泉劇場型”衆議院選挙で大勝して、現在の議席数を確保しているわけですから、いま引退するのは“敵前逃亡”にも類する恥ずべき行為です。“小泉構造改革”には功罪相半ばというより『罪』のほうが大きかった、とともに改革があまりにも中途半端だったと考えます。不良債権処理や郵政民営化は、それなりに評価できますが、日本道路公団の民営化ならびにセーフティネットを無視した規制緩和のたれ流しが、高速道路の無料化を阻み、格差を拡大させ、さらには『事故米』に代表される食の安全にも悪影響をおよぼしました。また、中途半端に「自民党をぶっ壊した」ため、あとに続くリーダーが育たない、あるいは育てなかった弊害が、この2年におよぶ『無責任・放り投げ』政権を生み出しました。21世紀のこれからに相応しい、政治・行政システムの改革、経済システムの改革などを実施して、疲弊しきった一般庶民に再び夢を与え、活力を生み出さなければならない大切な時期に、次男を次期衆議院選挙に立候補させるという『愚』を犯しました。親バカも度が過ぎています。このことで小泉元首相が、いまの日本の政治状況、経済状況、社会状況を十分把握していないことをさらけ出してしまいました。小泉元首相の評価は地に堕ちたものと考えます。(2008/10/06)

宮田さんのコラムを楽しみしてきましたが、今回の内容はやはり納得できません。プロは、いろいろな分野にいます。政治のプロは、国会議員を辞めてプロとして政治活動をすることができます。そこらへん、工学分野の宮田さんには理解できないかとも思います。また世襲制の件も、選挙民が判断すれば良いことであり、首相としての業績と世襲の話を混同するのも、議論のレベルが違うと思います。マスコミも世襲の話を書きますが、大学教授やマスコミでも親の職業と同じことをやっている世襲は多いのではありませんか。人を批判するコラムは簡単です。でももっと代替案を出すようなそんな論説を期待します。(2008/10/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長