• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本住宅史上最大の実験、劇場上に市営住宅

~坂出人工土地(1968年)/坂出市民ホール(1974年)、香川県坂出市~

2008年10月16日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

*本文中の写真とイラストはクリックすると拡大表示されます。

 単行本『昭和モダン建築巡礼』では、終戦から高度経済成長期にかけて建設された全国57件のモダニズム建築を取材して回った。その中で「一番びっくりした建物はどれか」と聞かれたら、迷わずこの建物を挙げる。香川県坂出市の「坂出人工土地」だ。

外観

写真:磯達雄

 坂出市は、ビジネスマンが出張でよく行くような都市ではないと思うが、高松駅から坂出駅まではJRで15分ほど。高松出張のついでに寄ってみたい。

 坂出駅を出て、北に5分ほど歩くと、それは現れる。一見、普通の商店街と何ら変わらないように見えるが、視線を少し上に向けてほしい。

イラスト

 「人工土地」である。文字通り、人工的につくった大地である。約4000坪の広い人工土地が地上6~9メートルの高さに生まれている。つまり、通常の2階の屋根ほどの高さに「第2の大地」がある。「第2の大地」の上には1~4階建ての市営住宅が立ち並ぶ。そして大地の下には商店街がびっしりと軒を連ね、縦横に道が通る。

 よく駅前の百貨店などに、駅の改札階と空中でつながる「ペデストリアンデッキ」というものがあるが、あれとは発想が全く違う。ペデストリアンデッキは、建物の周りにくっついているものであって、デッキの上に百貨店が載っているわけではない。対してこの人工土地は、それ自体が自立した構造になっている。実際、上部の市営住宅は1960年代後半から4期、20年間にわたって段階的に建設された。

イラスト

 もともとこの一帯は、市の中心部でありながら、過度な住宅密集地域で道路事情も悪かった。これを一気に解消する大規模再開発の計画が持ち上がり、全国でも類例のない人工土地のアイデアが採用された。

イラスト

 この日本住宅史上最大の実験とも言えるプロジェクトを設計したのは大高正人氏。大高氏は1923年生まれ。東京大学大学院修了後、この連載でも何度か取り上げた前川國男建築設計事務所に入所。 39歳で独立し、大高建築設計事務所を設立した。

 大高氏は昨年亡くなった黒川紀章氏らとともに、「メタボリズム」という建築運動をリードした1人だ。肥満の意味の「メタボ」ではない。ここでいうメタボは「新陳代謝」の意味。建築や都市を「生物」になぞらえ、変わらない骨格部分と更新可能な部分に分けて計画する、という考え方だ。1960年代から70年代にかけて盛り上がったムーブメントで、その考え方は世界の建築界に影響を与えた。

コメント1件コメント/レビュー

メタボとはメタボリックシンドロームを略して使われる言葉で、よく肥満そのものを意味する言葉と間違われますが、メタボリック自体は代謝のことで、つまりここで取り上げられた「メタボリズム」のメタボも同じ意味です。(2008/10/16)

「昭和モダン建築巡礼 ビジネスマン必見編」のバックナンバー

一覧

「日本住宅史上最大の実験、劇場上に市営住宅」の著者

宮沢 洋

宮沢 洋(みやざわ・ひろし)

日経アーキテクチュア編集長

1967年東京生まれ。1990年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、日経BP社入社。日経アーキテクチュア編集部に配属。以来、建築一筋。現在は日経アーキテクチュアにて「建築巡礼/プレモダン編」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

メタボとはメタボリックシンドロームを略して使われる言葉で、よく肥満そのものを意味する言葉と間違われますが、メタボリック自体は代謝のことで、つまりここで取り上げられた「メタボリズム」のメタボも同じ意味です。(2008/10/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長