• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ハイビジョンの次を探る「Inter BEE」

動画配信関連の製品展示が充実

  • 西畑 浩憲

バックナンバー

2008年12月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2008年11月19~21日に千葉市・幕張メッセで国際放送機器展「Inter BEE 2008」が開催された。北京オリンピックが終了したこともありこれまで見られたハイビジョン(HDTV)への移行というテーマは影をひそめ、代わりに市場が立ち上がりつつある動画配信関連の展示・発表が数多く見られた。

サービス展開が本格化するIPTV・動画配信市場

 IPTV Summitのブースでは、12月1日にサービスを開始する「NHKオンデマンド」(NOD)を筆頭に、さまざまな動画配信サービスの展示が行われた。NODのブースでは、パソコン向けのサービスのデモンストレーションが行われた。

 パソコン向けは、高画質版でも1.5Mb/sのWindows Media形式で、ハイビジョン放送の番組と比べると精細感に欠ける。ただしYouTubeなどパソコン向け動画共有サービスの映像にありがちなブロックノイズが目立つようなことはなく、10型台が主流の小さなパソコン画面で視聴するには十分に楽しめる画質だった。

 このほか、アクトビラのVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービス「アクトビラ」や、NTTぷららの「ひかりTV」、富士ソフトのWii向けVODサービス「みんなのシアターWii」などがブースを構え、デモンストレーションしていた。

 動画配信関連では、2007年12月にVODサービス「iPlayer」を開始した英BBCが、講演でサービス開始から約1年が経過した現状を報告した。講演によると、iPlayerは英国でトップのGoogleに次いでアクセスが多い。ピーク時には英国のインターネットのトラフィックの5%をiPlayerが占め、そのうちの半分は、人気順で上位5~6位までの番組視聴によるものである。

 一般的な利用者は1回のサイト訪問で1~2本(30~60分)の番組を視聴し、若者向けの番組ほどiPlayerで視聴される率が高い。iPlayer利用者の90%が、放送後7日間に限定されている配信期間を短いと感じ、22%がiPlayerがあるため番組を放送で見なくなったと答えた。また、利用者の18%はテレビの大画面でもiPlayerサービスを使いたいと考えているという。

高機能化進む動画配信の事業者側システム

 各社のブースでは動画配信サービスを支えるシステム側の製品展示が数多く見られた。KDDI研究所は、放送番組をネットワーク上のサーバー上に蓄積することで、放送途中でも番組の冒頭に戻って視聴できる配信システムの参考展示を行った。現在HDD(ハードディスク駆動装置)レコーダーで実現している放送番組の「追いかけ再生」と同様の機能を、ネットワーク上のサーバーを利用して実現する。

 利用者側の端末は、サーバーから配信された映像の受信と操作コマンドの送信を行うだけで高度な処理機能は必要なく、携帯電話機でも利用できるという。モトローラは、放送中の番組を最初から見直せるだけでなく、利用者が録画予約した番組をサーバー側に蓄積したり、属性別に広告を表示し分ける機能を持つ配信サーバー「B1ビデオサーバーファミリー」を展示した。

「放送・通信業界ウオッチ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授