• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ビッグスリーが儲けてきた理由

クルマから読む企業価値(1)

  • 牧野 茂雄

バックナンバー

2008年12月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国のビッグスリー(GM、フォード、クライスラー)が倒産を回避できるかどうかは、米国政府の支援策にかかっている。危機的な状況にあるのはビッグスリーだけではない。北米依存度が高い日本の自動車メーカーも状況は厳しい。欧州市場も金融危機のあおりを食らっている。「20世紀の恋人」と言われた自動車を取り巻く環境は、今年、激変した。

 しかし、自動車の生産が世界中でストップしたわけではない。今日も自動車工場では数多くのモデルが生産され、出荷されている。需要減退とは言え、おそらく来年も5000万台以上が出荷されるだろう。世の中は、文明の利器である自動車を少なからず必要としている。

 本コラムでは数回にわたり、自動車という商品から現在の自動車産業界を点検してみようと思う。経営や経済だけではなく、自動車メーカーと消費者をつなぐ商品という視点でとらえていく。

車種別販売台数の全米1位と2位はピックアップトラック(PUT)

 米国で最も売れているクルマは、フォードの「Fシリーズ」と呼ばれるピックアップトラック(以下PUT)だ。2007年の販売実績は69万台。様々なバリエーションを持つモデルだが、車名別販売台数でここ二十数年間トップを守ってきた。2位はGMのシボレー・ブランドから販売されているPUT「シルバラード」で、2007年実績は63万6000台。この2台が双璧である。


「シボレー・シルバラード」。HD(ヘビーデューティー)仕様は6000ccエンジンを積む。ボートやキャンピングカーをけん引するには、廉価仕様に積んでいる5300ccエンジンではパワー不足らしい

 1モデルでこれだけの数を量産するのだから利益率は高い。しかも、それぞれプラットフォーム(車両の基本骨格)及びエンジン・変速機などの主要コンポーネンツを共用するPUTやSUV(スポーツ・ユーティリティー・ビークル=商用車ではない乗用車タイプの大容積ワゴン)がある。兄弟商品を合計すると年産100万台に達する。GMとフォードの稼ぎ頭は、こうした大排気量V8エンジンを積むPUTとSUVである。

 PUTは、ラダー(はしご)型をした丈夫なフレームに、エンジン・変速機とサスペンション、ステアリング機構などを取り付けてある。走行機能はフレームに集中していて、その上にボディが載る。トラックの荷台を取り付ければPUTになり、2~3列シートを備えた大きなキャビン(車室)を載せればSUVになる。もっと大きな居住空間となる箱を載せればミニバンになる。

 ちなみに米国では、PUTだけでなくSUVとミニバンもライト(軽量)トラックに分類されるが、その理由はこうした生い立ちにある。同じフレームでブレッド&バター(生活必需品)的な商品から付加価値の高いぜいたく商品までカバーできる点が特徴だ。

 たとえばGM。V型8気筒5300ccエンジンを積む「シルバラード」の廉価モデルは約1万8000ドルである。外観はただのトラックだ。しかし、豪華な内装のキャビンを載せたシボレー「タホ」は3万5000ドル以上で販売される。同じエンジンを積むキャデラック・ブランドのSUV「エスカレード」に至っては5万3000ドル。素材はほぼ同じで、多少の手間をかければ、料理の値段を3倍にできるわけだ。

コメント11件コメント/レビュー

記事の内容は概ね正しいと思います。ピックアップが売れているのは商業用や農業向けが多いと思います。また、誤解を受けることを覚悟してあえて言うと、ピックアップに限って言えば、比較的収入の低い低学歴の人たちに多く買われていたといえます。勿論ボートを引っ張るために買っている比較的裕福の人たちもいますが。 一昔前はミニバンで、最近ではSUVに人気が移っていましたが、SUVは色々なシチュエーションで使えるということと、ミニバンはださいが、SUVはファッショナブルな所が人気といえるでしょう。USの車はスケールダウンしていかなくてはいけないでしょうか、ヨーロッパと日本車のエンジンは小排気量もありますが、少なくとも米国向け車種については大排気量化の傾向です。大衆車のカムリやアコードでも3.5リットルのエンジンがオプションで選べます。割合はどのくらいかわかりませんが、結構高いのではと思います。 日本のメーカーは、逆に大排気量化を進めてきました。今後はどうなるのでしょうか。(2008/12/13)

「牧野茂雄の「深読み自動車マーケット」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

記事の内容は概ね正しいと思います。ピックアップが売れているのは商業用や農業向けが多いと思います。また、誤解を受けることを覚悟してあえて言うと、ピックアップに限って言えば、比較的収入の低い低学歴の人たちに多く買われていたといえます。勿論ボートを引っ張るために買っている比較的裕福の人たちもいますが。 一昔前はミニバンで、最近ではSUVに人気が移っていましたが、SUVは色々なシチュエーションで使えるということと、ミニバンはださいが、SUVはファッショナブルな所が人気といえるでしょう。USの車はスケールダウンしていかなくてはいけないでしょうか、ヨーロッパと日本車のエンジンは小排気量もありますが、少なくとも米国向け車種については大排気量化の傾向です。大衆車のカムリやアコードでも3.5リットルのエンジンがオプションで選べます。割合はどのくらいかわかりませんが、結構高いのではと思います。 日本のメーカーは、逆に大排気量化を進めてきました。今後はどうなるのでしょうか。(2008/12/13)

株主重視、リストラといったステレオタイプな米国型構造を問題視するコメントがあるようですが、それはビッグ3には当てはまりません。労組の力が強く、利益の多くは手厚すぎる福利厚生で消費されており、リストラも他の業種に比べればかなり遅れています。私はむしろ古い日本的な企業経営や官僚組織に近しいものを感じています。(2008/12/12)

 フレーム構造の米国車対、モノコックの日本車と言う記事として拝読しましたが、少々物足りない感じです。 車型バリエーションを作り分けるとき、フレーム構造の方がモノコックよりもはるかに多品種に対応できます。一方、フレームのラインタクトはモノコックに比べると2倍以上確実に掛かるし、作業者の数に至っては、3倍以上必要です。大ロットを前提に、巨大な設備投資をするモノコックと、台あたりコスト(特に労務費)に目をつぶって少量生産でもペイするフレーム構造。日米の基本的なコスト構造の違いが、クルマの違いになっていると、以前より考えておりましたが、そのあたりを考察して欲しかったです。 個人的には、これからの先進国では、高級車ほど、台あたりコストに目をつぶって、設備投資を抑制しなければならない。そのとき、純粋な商用車以外でフレームの実績が無い日本メーカーは、意外に苦戦するのでは?と思っています。(2008/12/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長