• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本の今の住宅は、80年前の米国に及ばない

日米の住宅街の原型は「資産価値の下がらない家」

  • 澁谷 征教

バックナンバー

2008年12月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「多くの人が家を手にできる米国の住宅システムは素晴らしい。日本はもっと見習うべきである」。十数年にわたって住宅地の企画開発プランナーを務めてきた私は2001年までそう考えていました。

 今の米国の住宅危機・金融危機を招いたのがサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)であることに異論はありません。米国の景気も、住宅価格が持ち直して建築着工戸数が増えていかないことには回復してこないでしょう。12月16日には、11月の住宅着工件数が過去最低を更新するという発表もあり、低迷がいつまで続くのか分からない状況です。

 しかし、これまでの米国の住宅システムや住宅行政がすべて悪かったのかと言えば、私はそうは思いません。

住宅危機による落ち込みに歯止めかからず

 今年10月、影響が少ないと言われていた米国東海岸の都市を見てきましたが、大都市からハイウエーを30分も郊外に走れば、分譲地内に立つ「for sale」の看板が目立ち始めます。シングルハウス(戸建て住宅)とタウンハウス(集合住宅)は大幅に値下がりし、2007年の最高価格から比べると半額以下となっている所もあり、「フォークロージャー」(差し押さえ)の物件を見るバスツアーが出ているくらいです。全米どの都市もおおむね同じような状況です。


日米の住宅街の原型とされる、米国ニュージャージー州の「ラドバーン地区」

 オバマ次期大統領に国民は大きな期待を寄せていますが、特に不動産、建設業はひと時の安堵も許されない状況で、戸建て住宅の着工、落ち込みは二十数年前に戻ってしまったかのようです。

これからの日本の住宅システムを考える

 日本の住宅行政は米国を模倣してきました。それは米国が世界一の住宅行政を進めてきたからであり、私は今も米国の住宅行政は世界一だと考えています。住宅危機は、知識に翻弄されて知性を忘れた金融界がもたらしたものです。

 このコラムでは、このような状況になった米国の轍を踏まないようにするには、日本がどのような住宅システムを築いていけばよいかを考えていきたいと思います。

 現在の日米の住宅街の原型と呼ばれるものが、今から80年も前に誕生しているのをご存じでしょうか。米国ニュージャージー州の「ラドバーン」と呼ばれる地区で、建築を目指す者は誰もが一度は見にくる所です。世界最初に開発されたサブディビジョン(分譲形態の住宅地)のモデルとなっているのです。最近では今年10月に現地を訪れました。80年前にもうこのレベルの住宅街ができていて、その住宅システムが今もそう変わっていないのは、当時の住宅行政が優れていたことを示すものでしょう。

コメント33件コメント/レビュー

計画的な住宅開発・街全体をどのようにデザインするか?という話で言えば、「街・地域全体」を一つの企業が土地全体を所有するか、複数企業で合同事業として行うかしかなかったと思います。そのようなスタイルで言えば、日本の場合、住宅公団系による都市開発(ニュータウン計画)などが当てはまるのではないでしょうか?(2009/01/13)

「澁谷征教の「日米住宅漂流記」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

計画的な住宅開発・街全体をどのようにデザインするか?という話で言えば、「街・地域全体」を一つの企業が土地全体を所有するか、複数企業で合同事業として行うかしかなかったと思います。そのようなスタイルで言えば、日本の場合、住宅公団系による都市開発(ニュータウン計画)などが当てはまるのではないでしょうか?(2009/01/13)

整理された論旨が明快で、非常に物事の本質に理解ができたような気がします。(2009/01/12)

港北NTに住んでます。といってもマンションですけど。電線と安普請なアパートが多いこと以外は快適な街です。公園は行政が管理しており、面倒みたい / 見たくないといった問題はあまりないです。住民が面倒見なければならないのだけが理想ではないと思います。港北NTの景観は公園が支えてます。家の並びはダメですね。貧富の差や趣味の差がはっきりと、、、住宅の立ち並ぶところを歩きたいとは思いません。統一したいなら、最初から区画のテーマを決めて統一することに合意した人のみに分譲するといった管理が必要でしょう。港北NTも駅前はそうなってるんですけどね。郊外は都会からの距離のみが共通項ですから、管理しないと街並みは出来ない時代です。イタリアなどと違うところ。管理に金は掛かりませんので、良い改善です。プランナーの方は頑張っていただきたい。住宅の正当な評価を組織的に行うシステムがないという点はわたしも不満です。正当な評価があれば、個人の評価眼に頼ることなく質の向上が果たせるでしょう。道路がどうとか、車がどうとかは二次的な問題と思います。要は、その国、その時代にあった正当な不動産評価をするシステムがあるかどうかです。評価システムがあれば、道路の価値をどう見積もるかは単なるパラメーターのひとつに過ぎません。知らないものはバカを見るのが世の中ですが、知恵を融通するシステムがあれば知恵のない人もバカを見なくて済みます。それとマンションを選ぶのは一戸建てに夢が持てないからです。「毎週毎週、庭掃除」「近所の人が煩く言う」みたいなイメージだと現代的には無理だと思います。それでは住宅の奴隷です。あえていうなら、同じようなことをやっているように見えて日本で失敗するのは、グランドデザインへの認識が欠けているからですけど。(2009/01/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長