• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

2009年の経営者に必要な力

知識や専門能力よりも重要なものがある

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年1月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今から5年前、「科学技術と経済の会」のフォーラムで講演したことがある。この会は簡単に言えば製造業のCTO(最高技術責任者)の会である。この会のメンバーにはその頃までの私の仕事に近い世界の方々が多く、理系の経営をする当事者たちである。

 私の講演内容は簡単に言えば“新しいモデルを創造するためのプロジェクトマネジメント”だった。もちろん、盛り上げるためにアメリカズカップのプロジェクトの例も話した。

理系の経営者に元気がないのはなぜ?

 私とNTTドコモの方が講演した後に、懇親会があった。この懇親会が面白くなく、非常に残念だった。懇親会でお話しした方々の反応は、

 「面白かったです。でも我が社ではできませんね。他社も同じだと思います」

といった声が多かった。その後、この日の参加者約120人の方と再度お会いする機会もないままだ。つまり私の講演はあまり役に立たなかったということだろう。

 経営者に限らず、文系、理系と区別することに意味があるとは思わないが、なぜか理系の方々に元気が感じられないことが多い。

 それから1週間後、今度は「価値創造フォーラム21」という経営者の会の方々に講演した。聴いてくださった方の平均像は有名私立大学経済学部出身の経営者だと思う。

 こちらの懇親会の雰囲気は全く逆だった。

 「先生、面白いですね。何かウチと一緒にやりましょうよ」

 こんな調子だった。

コメント9件コメント/レビュー

個人でも、会社でももっと思い切ってチャレンジできるといいのですが、私もチャレンジしたいことは沢山あります。しかし、現状の日本の社会保障では会社をつぶしてしまったら自分だけではなく、社員の皆さんが一家心中なんてこともありうるかもしれません。「本業は堅実に」その中で何とかチャレンジをと思っていてもやたら時間ばかりが過ぎていくのが零細企業の現実感も知れません。 (2009/01/22)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

個人でも、会社でももっと思い切ってチャレンジできるといいのですが、私もチャレンジしたいことは沢山あります。しかし、現状の日本の社会保障では会社をつぶしてしまったら自分だけではなく、社員の皆さんが一家心中なんてこともありうるかもしれません。「本業は堅実に」その中で何とかチャレンジをと思っていてもやたら時間ばかりが過ぎていくのが零細企業の現実感も知れません。 (2009/01/22)

理系/文系の区分はなっとくいかない。リスクをとれるかどうかの資質をそんなものでくくらないで。(2009/01/13)

理系の経営者に元気がないのはいくつかのの原因があると考えられる;1)CEOから自社の技術力への理解、期待が薄い2)社内の技術力に自信と希望が感じられない3)理系経営者自身に自社技術を強化発展させるための構想力が無いこれらは筆者が提示しておられる人間力、構想力、行動力と関連しているが、根本にあるのは株主配当優先短期利益主義のため、即お金を稼ぐ部門が優先されていることと関連しているのではないだろうか、一方「我が社は技術力はあるが金儲けが下手でね」と云う技術系経営者への反動が触れすぎた面もある、これらのバランスを上手にとっていく企業が生き残るであろうし、そのような経営者を輩出する人間教育も待たれる(2009/01/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員