• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

オバマ大統領は何をどう“change”するのか

「技術とイノベーション」で実現できること

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年1月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 バラク・オバマが大統領に就任した。世界中からの期待が高まっている。しかもすべての環境は難局だらけと言ってもいい状態だ。

 難局だから、“change(変革)”が必要だし、難局だからこそ“change”を実行できるとも言えるだろう。

 オバマは何を“change”すると言っているのだろうか。あまり報道されていないのは、「技術とイノベーション」によって米国人を連帯させ、力づけるための変革を行うというビジョンを実現へと導く具体的な政策である。政策というより国の経営モデルの提案と言った方が分かりやすい。

 オバマが技術イノベーションで行おうとしているのは、

(1) 完全で無料の情報伝達をすべての米国人に確保する。
(2) 透明性の高い議会と民主主義を完成させる。
(3) 最新のコミュニケーション・インフラを進歩させる。
(4) 医療コストの削減、クリーンエネルギー開発、市民の安全の改善などの重要課題を解決する。
(5) 米国の競争力を高める。

これらを技術イノベーションによって実現すると公約しているのだ。

 日本では技術イノベーションと言えば(4)(5)のようなことと考えることが多い。新製品モデルを開発して世界で販売してビジネスの革新を実現するということだ。しかし(1)(2)(3)などの社会システムを技術によって革新することをもっと考えねばならない。社会システムイノベーションは技術によって実現されるのだ。

ビジョンを実現するためのコンセプトとモデルを提示

 オバマは、このビジョンを実現するためのコンセプトとモデルも提示している。例えば医療費を削減するというビジョンは技術イノベーションによって実現させると言う。そのモデルは「電子情報システム」を使うものだ。

 電子カルテを含む情報システムを大規模に導入することによって、入院期間を短縮化したり、不要だったり何回も行ってしまう検査を減らしたり、より適切に投薬するなどいろいろな効率化を行うというモデルだ。電子カルテはそれぞれの病院内ではなく、全国共通ネットワークで結ばれたものが考えられているのだろう。ある個人の健康データすべてが一元管理され、全国どこででも利用できる。

 このモデルを実現させるために今後5年間にわたり毎年1兆円を投資すると、毎年約8兆円の医療費が削減されると試算されている。

コメント4

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

現在の携帯電話は、昔の電話と比べて100倍豊かでしょう。クルマもきっとそうなります。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO(最高経営責任者)