• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

若者のクルマ離れ、読者コメントから再考

「魅力欠いた商品」など要因は複合的

  • 池原 照雄

バックナンバー

[1/2ページ]

2009年1月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回1月14日掲載の当欄「若者のクルマ離れ、その本質は『購買力』の欠如」には、読者の方々から100件近いコメントを頂いた。感謝申し上げるとともに、貴重なご意見を基にこのテーマを再考してみたい。

 前回のコラムでは、若年層のクルマ離れについて、自動車業界からはなかなか聞こえてこない「購買力」という要因を挙げた。そして若年層が経済的にクルマに手が届きにくいという社会の形成には、自動車業界も非正規雇用の拡大という経営を通じて関与してきたということを指摘した。

 そうした論旨には「今さら」というコメントも少なくなかった。「不明を恥じよ」と言われても致し方ないが、今回の2万人規模に及ぶ自動車業界での派遣切りや雇い止めが表面化するまで、これほどまでに業界が非正規雇用への依存を高めているとは思い至らなかったのが率直なところだ。

 また前回、表に示した20~24歳の年齢層で「1年を通じて勤務した給与所得者数」の比率が年々低下しているということに対し、進学率の上昇を考慮していないという指摘も頂いた。この点については、筆者も検討を加えていたので数字を示してみる。

読者コメントから「クルマ離れ」の実相を探る

 4年制大学への進学率は、1990年の49%から2000年以降では60%という過去最高レベルで推移している。ご指摘いただいた通り、給与所得者の比率減少に作用しているのは明らかだ。ただ、一方で日本労働組合総連合会(連合)の調査によるこの世代のパート労働者比率も年々上昇している。(=表)

図表、パート労働比率(20~24歳)と大学進学率の推移

 大学進学者が増えたので、アルバイト(パート労働)する人が増えるということもあろうが、パート労働者比率の上昇は、進学率の上昇を上回るペースであり、卒業後も安定した仕事に就けない人が増えていると推察できる。

 さて、頂いたコメントから「クルマ離れ」の実相を探ってみたい。筆者は、もとより「購買力」の問題だけで、クルマ市場が縮小を続けているとは考えていない。様々な問題が複合的に作用しているのであり、読者の方々のコメントには同感でき、筆者のかねての想定が補強されるものが少なくなかった。

コメント63件コメント/レビュー

続いて書きますが、四国のとある県庁所在地に済んでいる身にしてみれば、郊外化とスプロールの弊害によって、地方、特に地方都市はますます車社会化しているのが、今いる土地に限ったことだけでなく、少なくとも中四国においての進展している現実であることを感じます。簡単にいうと都市部がここ数年で一気に壊滅したせいで、以前なら電車汽車、バス、路面電車や原付自転車で済んでいた様々な用件が、車なしでは立ちゆかなくなってるので、以前は車なしで済んでいた人達も、否応無しに車に頼らざるをえない社会環境になっているからです。むしろおかしいと思うのは、東京のような公共移動インフラが整った所以外は、公共インフラ(バス電車に都市内でまかなえる店や公共サービス)が壊滅して全国チェーンの大型店を車で行く、あるいは仕事も車使用でないとますますやっていけなくなったアメリカ化が、むしろここ数年で急激に進んだことと、公共インフラがますます整った東京のような例外を一緒にしていることにあるのではないでしょうか。全体から見てみればますます日本はますます車社会化されているのです。新車だけでなく中古や各地域での車需要の変化も含めた視点で見ないと意味がないと思われます。むしろ東京は日本の例外です。(2009/02/12)

オススメ情報

「池原照雄の「最強業界探訪--自動車プラスα」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

続いて書きますが、四国のとある県庁所在地に済んでいる身にしてみれば、郊外化とスプロールの弊害によって、地方、特に地方都市はますます車社会化しているのが、今いる土地に限ったことだけでなく、少なくとも中四国においての進展している現実であることを感じます。簡単にいうと都市部がここ数年で一気に壊滅したせいで、以前なら電車汽車、バス、路面電車や原付自転車で済んでいた様々な用件が、車なしでは立ちゆかなくなってるので、以前は車なしで済んでいた人達も、否応無しに車に頼らざるをえない社会環境になっているからです。むしろおかしいと思うのは、東京のような公共移動インフラが整った所以外は、公共インフラ(バス電車に都市内でまかなえる店や公共サービス)が壊滅して全国チェーンの大型店を車で行く、あるいは仕事も車使用でないとますますやっていけなくなったアメリカ化が、むしろここ数年で急激に進んだことと、公共インフラがますます整った東京のような例外を一緒にしていることにあるのではないでしょうか。全体から見てみればますます日本はますます車社会化されているのです。新車だけでなく中古や各地域での車需要の変化も含めた視点で見ないと意味がないと思われます。むしろ東京は日本の例外です。(2009/02/12)

一つ前の記事とそれに対して投稿された方の意見を見て感じた違和感を申し上げますと、車は必要ないといっているかたはまず大体は都内の方か、あるいはそれに近い規模の街に住んでいる方で、地方で同じ意見を申し述べた方がいないということ、地方の方も車の魅力を感じられなくなっていることはわかるにしても、多少不便でもどうにでもなる環境にあると答えている人が積極的にそのことをアピールしていること。正直な話ですが、部分的には正しくても、むしろ全国的には少数の意見ではないかと感じました。(2009/02/12)

車格のヒエラルキーなど車に対する幻想が若年層から失われ、例えばスカイラインを車の名前と認識できない20代が半数といった状況は、購買者というより自動車開発や自動車文化の担い手が失われつつあることを意味する。自動車が日本人にとって個人向けの消費財でなくなれば、世界に魅力ある製品を問うことはおろか、最終的に産業そのものが海外メーカーに駆逐されてしまう可能性は否定できない。免許を持たない層、車の所有をやめた層が車を所有するモチベーションを持つことは相当難しい。(2009/02/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

5年前は(日本製を好む中国人の消費は)一過性のものだと考えていた。

高原 豪久 ユニ・チャーム社長