• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「減らすビジネス」が利益を生む

量の拡大だけの成長・進化には限界がある

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年2月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 21世紀には、「減らすビジネス」が増えてくるだろう。これまでは販売数量を年々増やすことで利益増を図ろうとする企業活動がほとんどだった。しかし、考え方を変えてみようではないか。

 成長や進化は量の拡大によってしかもたらされないのだろうか。もしそうだとしたら、環境問題の解決は永久にないだろうし、地球が持続可能ではなくなるだろう。「減らすビジネス」を創造する活動を強めなければならないのではないか。

 富士ゼロックスはオフィスの複写機の台数を減らすことをビジネスにしたそうだ。稼働率の低い複写機を撤去して、そのオフィスにとって最適な台数を設置することをコンサルテーションするのをビジネスにしたという。複写機の台数を減らしたからといってコピー枚数が減るとは限らないし、トナー代やメンテナンスで収益を得るという典型的なアフタービジネスである複写機販売ビジネスだからこそできたとも言えるが、それでも「減らすビジネス」の発想は素晴らしい。

環境問題への貢献と新事業創出の一石二鳥となる

 もし、アフタービジネスを含めた複写機ビジネスの粗利が30%で、複写機を減らすコンサルティング・ビジネスの粗利が70%だとしたら、この複写機会社の利益率は向上することになる。

 通信販売業界では迅速な配達が競われている。東京23区内なら翌日配達だけでなく、午前10時までの注文なら当日配達するサービスもある。このような通販ビジネスを使う顧客企業の購買行動を解析してみると、年間50万円購入する顧客の注文回数は年10回から年100回までといったように広く分布している。

 すぐ配達されることをいいことに、今日お茶を注文して、翌日にコピー用紙を注文して、3日後にはトナーを注文するといった無計画な購買行動も少なくないようだ。便利な配達サービスに甘えて、計画的な発注が行われないことが多いのだ。高頻度の発注と配達はコストだけでなく資源・エネルギーの面からもムダが多い。

コメント26

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO