• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

飲料ビジネスから小売流通を考える

現場を歩いて知って見えてくるもの

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年2月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 研究室の2人の4年生と、自販機飲料ビジネスをテーマとする研究を行った。まず現状調査を2人が行い、私に報告してきた。

 T君が言った。

 「先生、A飲料の自販機を探すのは難しいです。ようやく15台見つけて、何を売っているか調べましたが…」

 「さらにですよ。A飲料の飲料製品約40品目を1つでも展示しているコンビニは20店に1店か2店しかありません」

 共同研究者のK君が別の報告を行った。

 「飲料ビジネスのメインプレーヤーはコカ・コーラです。全国220万台の自販機のうち約60万~70万台はコカ・コーラのものです。A飲料のシェアは約2%で、IR情報によると、A飲料の経営環境にはかなり問題があります」

 はっきり言って、この2人の4年生には脱帽した。昔の船舶工学科の学生もなかなか可愛い奴が多かったが、今の4年生に比べれば子供のように見えなくもない。

自販機飲料ビジネスの競争力の源泉は?

 4年生2人の助言を受け、研究対象企業をA社からシェア約10%のB社に変更し、B社に研究企画の提案に向かった。私が2人の4年生の調査結果を基に説明した。

 「自販機ビジネスは重要です。220万台の自販機で毎年2兆4000億円の売り上げがあります。コンビニでの販売の3倍です」

 「平均年100万円の売り上げがあって、設置者に15%、電気代が5%で、直売ですから粗利率は非常に高いですね。コンビニ販売ではコンビニの粗利率が約40%ですから御社のようなメーカーへの利益貢献は1/3程度です」

 「しかし、自販機ビジネスにはキメ細かな経営が必要です。設置場所によって品揃えは大幅に変え、欠品による機会損失を下げることが必要です」

 私のプレゼンに対してB社の質問はほとんどなかった。その代わり、すぐに研究開発プロジェクトをスタートさせることになった。

コメント4

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授