• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

市場に任せる「ケーレツ2.0」を作れ

愛情喪失とは無縁の光岡自動車(2)

2009年2月16日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回のコラム「『クルマを愛せない』のは誰のせい?」では愛車とモデルチェンジの関係性についてお話しいたしました。嫁の実家から送られてくる見合い話、つまり「姉より器量も芸事も一枚上な妹たちの登場」とは、結果的にクルマを愛さないユーザーを育て上げ、自らを不毛なコストパフォーマンス戦に陥れることになるという話でした。

 読者の方々からいただいたコメントでは、「光岡自動車のデザインは所詮コピーで受け入れ難い」というようなご意見も散見されました。しかし忘れてならないことは、誰にもできなかったビジネスモデルを光岡が独力で開拓した点です。独創的デザインだけなら誰にでも語れますが、型式認定を取って、販路を開拓し、ファンを生み出し、社員を食わせている事実は称賛に値します。


わが道を行く光岡自動車の新型車「卑弥呼」(写真:小久保 松直)

第2第3の光岡が登場しない理由

 あらゆるハイテク商品において技術開発の余地はまだまだあるものの、技術の高度化に伴い、莫大な投資の元を取るための採算性は着実に悪くなっています。それゆえにハイテク分野で存続し続けられる企業の数は、業界を問わず年々少なくなっています。

 自動車もしかりですが、近年のオートショーはメーカーの新技術開発の進捗報告会のようになってしまいました。便利で効率の良いクルマが並んでいるものの、トキメキ指数も入場者数も年々下がっているという嘆き節は各所で耳にします。

 一方で先日開催された「東京オートサロン」に代表されるカスタムカーの展示会はワクワク感に満ち溢れており、子供心いっぱいのマニアたちでますます盛況です。マニア…今風に言えばオタクですね。

 光岡の国内販売の営業課長を務める笠原勝義さんに伺うと、このようなチューンアップカーのイベントは、同好会から専門学校、ワークスから大手自動車純正品メーカーまで様々なレベルのクルマ好きが尖ったクルマを提案するイベントとしてヒートアップしているものの、光岡のように商品化して販売にまで至る企業は相変わらず皆無に近いということです。

 結局、クルマの型式認定に関わる膨大な雑務から、全国への販売網、アフターサービスなどのビジネスのバリューチェーン一式を見渡して壁に当たり、その先に進むのを断念しているのです。自分たちの歩んできた20年間の茨の道を振り返ってみても、第2第3の光岡がおいそれと現れる姿は浮かばないというのが厳しい現実とのことです。クルマが高機能で画一的になるほど、クルマ好きには熱いエネルギーが鬱積してしまうにもかかわらず、高すぎる参入障壁が愛車づくりを育てる芽を摘んでいるというのは残念なことです。

 光岡が現在の事業を始めるに当たって最初にぶつかった大きな壁はエンジン供給元の確保でした。富山の無名中小企業の申し出をまともに取り合う大手自動車メーカー探しは、当初の予想を超えてる難事だったそうです。

コメント15件コメント/レビュー

 繰り返すモデルチェンジの中であるモデルを買い、それにそのまま乗るうちにも愛着を持っていますので、私は著者の意見の範疇に入らないかと思います。このような人がどれほどいるのか知りませんが、車選びに関して私の意見を述べますと、私の不要とする機能・仕様のために価格が上がるのは納得できません。 逆に、候補に挙げるものは、いつでも不安なく動き、乗車中に不具合なく、そして最小限の整備で故障せず乗っていられたメーカー、ないしシリーズの車です。 車に限らず、顧客が愛着を持てる物を作るには、その物が個性的である必要はなく、そうした物を作るための方法が個性的であればよいと思います。(2009/02/18)

「川口盛之助の「ニッポン的ものづくりの起源」」のバックナンバー

一覧

「市場に任せる「ケーレツ2.0」を作れ」の著者

川口 盛之助

川口 盛之助(かわぐち・もりのすけ)

盛之助 代表取締役社長

戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトル・ジャパンにてアソシエート・ディレクターを務めたのちに株式会社盛之助を設立。研究開発戦略や商品開発戦略などのコンサルティングを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 繰り返すモデルチェンジの中であるモデルを買い、それにそのまま乗るうちにも愛着を持っていますので、私は著者の意見の範疇に入らないかと思います。このような人がどれほどいるのか知りませんが、車選びに関して私の意見を述べますと、私の不要とする機能・仕様のために価格が上がるのは納得できません。 逆に、候補に挙げるものは、いつでも不安なく動き、乗車中に不具合なく、そして最小限の整備で故障せず乗っていられたメーカー、ないしシリーズの車です。 車に限らず、顧客が愛着を持てる物を作るには、その物が個性的である必要はなく、そうした物を作るための方法が個性的であればよいと思います。(2009/02/18)

光岡の様なメーカーは海外では珍しくない。しかし、光岡の様に志の低いメーカーは自動車大国としては珍しい。ビジネスとして成功というなら、アジアの三流コピーメーカーだって彼らなりの環境の中で頑張って成功している。しかし、それを車社会の一員として評価するかどうかは別問題です。日本の様々な環境が光岡の様なメーカーを中々成り立たせない事と、光岡のクルマづくりの評価とは別ではないのですか。そこを切り離せない筆者だからこそ、有りもしない一億総プロシューマー化社会に向けた車社会を担う壮大なビジネス提案みたいな事が出来てしまうのでしょうか。いや、実際、筆者の提案が実現性が低いとは思わないですが、車社会の将来を左右する提案とも思えません。もっと実のある記事を期待していただけに、すこし肩すかしを食らった気分です。(まぁ、無料で読める記事にそこまで本気の提案を期待する方が おかしいのかもしれませんが・・・.。)(2009/02/17)

はやりの言葉を色々持ち出して、盛大なビジネス提案をしてる様に見えるけれども、結局のところニッチは何処まで言ってもニッチなんじゃないの?という疑問しか浮かびませんでした。渋谷やゲームの世界で起きている現象がマーケット全体に広がるという考えは 少し誇大妄想が過ぎるのではないでしょうか。もちろん、そう言うビジネスが無いとは言いませんが、日本のクルマ社会の未来がソコに掛かっていると考えるの大げさすぎる。殆どの消費者は 無数の選択肢を示されても戸惑うばかりで、いくつかの選択肢から其れらしきものを選ぶ事しか出来ないと思います。ましてや素のデータなんぞ渡されてもどうしようもない。ボルトオンの部品を換えるくらいしか出来ない。プロシューマーなんて、今、メディアの進歩と過度のマスマーケット化の進行で目立つだけで別に珍しくない。逆に多くの消費者がクルマに対してプロシューマーとして振る舞うようになる事も到底考えられない。クルマのプラットフォーム化で大掛かりなカスタマイズが可能になっても、アフターパーツメーカーの仕事が楽になるか、昔からのクルマいじりやカスタマイズ好きなプロシューマーが喜ぶだけだと思うのは 私の想像力不足なのでしょうか。それとも、それほど新鮮味の無い提案であっても「日経の紙上で発表する」仕事自体が評価に値する事なのでしょうか?。(2009/02/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長