• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

メディアの先をクライアントが、そしてユーザーが走る

放送批評懇談会シンポジウム2009に参加して

  • 須田 伸

バックナンバー

2009年2月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大変面白いシンポジウムに出てきました。2月18日に永田町の都市センターホテルで開催された、放送批評懇談会シンポジウム2009「放送2.0宣言 ~新しい媒体価値の創出~」です。講師の一人としてお招きを戴き、最後が出番だったのですが、最初のプログラムから出番前まで、ずっとのめり込んで聞いていました。講演者の顔ぶれや内容も含めて、放送業界が変革に向けて受身ではなく積極的に仕掛けていこうとしている姿勢が感じられたのです。今回のコラムでは、この放送批評懇談会シンポジウム2009のレポートをお届けしようと思います。

「NHKを経営している」福地茂雄日本放送協会会長

 シンポジウム冒頭で「私の話はどこで切っても大丈夫なようにつくってあるので、本日も時間がきたところで終わりますのでご安心ください」と、つかみを作って登壇したのが福地茂雄NHK会長。アサヒビールのトップから転身し、19年ぶりに外部からNHKの会長に就任された方です。

 彼のテーマは「新しい時代に向けた公共放送NHKの改革」。しかし「改革」はあらゆる経営者の共通のミッションであり、特にNHKの会長に限ったことではない、という話から始まり、アサヒビールの社長だった村井勉氏のやり方にならって「タテ軸の組織にヨコ風を入れる」ことを意識して、理事の方々の個室返上と大部屋制度導入を就任後すぐに実行したそうです。

 職員に対しては「コンセプトを決めたら、きっちりその通りに」を言い聞かせていると話しておられました。その実例として、昨年の紅白歌合戦では「歌の力・ひとの絆(きずな)」というコンセプトを決めたら、たとえば「応援団」を廃止するなど、コンセプトどおりの番組づくりをしたことや、北京五輪の番組は「スポーツ報道である」というコンセプトにもとづいて「報道」という軸足からブレないように指示したことなどをあげておられました。

 昨年の五輪中継や紅白など、視聴率におけるNHKの躍進の裏には、きちんとした戦略があったのだなと納得することができました。視聴者の側にも「タレントのおしゃべりよりもスポーツ中継がみたい」というニーズがあったことも、NHKの五輪中継における民放に対する圧勝が証明した形ですね。

 また昨今言われる「若者の活字ばなれ・テレビばなれ」に関しては「出版ばなれ・放送ばなれ」はあっても「活字ばなれ・映像ばなれ」は起きいていないと断言されていたことも印象に残りました。

「放送局とネットの連携は安心のヤフーで」井上雅博ヤフー社長

 続いてのプレゼンテーションは、井上雅博ヤフー社長でした。「大勢が同時に映像を楽しむテレビ」と「個人が好きな時間に、それぞれ違う映像を楽しむネット」が組み合わされば「新しいメディアの形」が生まれるのではないか、という趣旨で、NHKやフジテレビ、TBS、日本テレビといった放送局とヤフーがこれまで手がけた実例などを紹介しながらの話でした。

 「ところで」と断った上で話されたのが「ちょっと困ったことになっているな、と思っている、違法な動画投稿が閲覧されるサービスが輸入されたり、できていること」でした。具体的なサービス名はあげられませんでしたが、「輸入されているもの」とは、すなわち「YouTube」であり「できているもの」は「ニコニコ動画」であることは、会場の誰もがわかっていたと思います。

 井上氏は「違法な動画投稿が増えれば、コンテンツ生産者にお金が回らず、コンテンツが再生産されず、コンテンツ生産システムとメディアの崩壊につながる」という危惧を述べ、さらに「コンテンツの権利者、生産者の皆様と、ヤフーが、合法的かつタイムリーに、良い品質でお見せすることができれば、『違法』は撲滅できるはず」と、放送関係者にヤフーとの提携を訴えておられました。

コメント0

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長