• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「非線形」を解かねばならない経済学

科学と技術と数学を取り入れよ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年2月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今度の金融危機で、金融の世界も、経済の世界も非線形な世界だということが理解されただろう。

 以前の記事(「金融クライシスを引き起こしたのは『非線形』」)で、自然現象が非線形であることを解説した。台風の発生も津波の発生も車の周りの空気の流れもそうだ。道路の渋滞の発生は自然現象と社会現象の中間の非線形現象だ。株や為替の商品市場の変化のチャートを見れば、これらの世界が典型的な非線形な世界だということが分かる。

 昭和初期の大恐慌ももちろん大規模で非線形な経済現象だ。しかし、以来80年を経ているが、社会科学と経済学の進歩はゆっくりすぎて、いまだに非線形な現象を制御できないのだ。

 金融商品は2週間で作ることができると言われている。工業製品はいろいろだが、人命をあずかる輸送機器なら4~5年は必要だ。少しでも手抜かりがあれば人命にかかわる事故になるかもしれないため、長い開発期間を要求することになる。

 三菱ふそうトラック・バスのトラック事故は、10年間に100万キロも走行する間に起きてはならない疲労破壊の発生によるものだった。こんな難しいこともクリアできなければ自動車会社の経営者や設計者は刑事事件の被告にされてしまう。

「社会も経済も複雑で非線形なものである」

 2週間で作られる金融商品のかなりの部分は欠陥商品だということが明解になったのが金融危機の1つの側面である。リスクの評価が極めていいかげんで、このいいかげんさが金融世界のデフォルト(債務不履行)を招いたというわけだ。しっかりしたリスク評価を行おうとすれば、金融商品が2週間で作れるわけがない。

 昭和50年代の初めは最初で本格的な造船危機の時代だった。造船会社の優秀な研究者や設計者は次々と造船業から離職していった。

 ある造船会社の研究者から証券会社のシステム技術者に転職した方が私に挨拶に現れた。私の教え子ではない。専門分野が私と近く、彼の学会発表に対して結構厳しく問題点を指摘したのが私だった。彼は言った。

 「造船会社では難しい研究をして、先生にはシゴかれましたけど、証券業界では、もっともっと簡単な数学で仕事できるんです」

 エコノミストの中には、「このようなことは周期的に8年ごとに起こるものですよ」と言う人さえいる。一種の循環論を持ち出して、経済を正しく制御できなかった大失敗を片づけるのは間違いだと思う。

コメント39

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長