• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ユニークなデジタルサイネージが続々登場

電通など広告側の取り組みも活発に

  • 松浦 龍夫

バックナンバー

2009年3月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 屋内外に設置したディスプレイに広告を表示させるデジタルサイネージの本格導入へ向けた動きが活発になっている。デジタルサイネージを使った実証実験が各地で実施されており、さらにデジタルサイネージ関連の製品が続々登場している。

 デジタルサイネージにおける最新の実証実験の1つとして、タワーレコードが2月20日から開始したものがある。タワーレコード渋谷店と新宿店に7インチの液晶ディスプレイを設置し、そこにナップスタージャパンの広告を配信している。

 これとは別に電通とNTTは2月16日から共同で実証実験を開始した。
(1)商業施設、(2)鉄道車両内、(3)鉄道の駅、にそれぞれ設置した液晶ディスプレイを利用する大がかりな実験だ。

 (1)の商業施設としては、赤坂サカスや六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、カレッタ汐留、ランキンランキン渋谷店、丸の内エリアにある丸の内ビジョンがある。

 (2)の鉄道車両としては東京急行電鉄(東急電鉄)の車両が対象となる。

 (3)の鉄道の駅は、東急電鉄の自由が丘駅と多摩川駅、西武鉄道の池袋駅、京浜急行電鉄の品川駅、羽田空港駅、横浜駅である。花王、サッポロビール、日本コカ・コーラ、NTT、日本マクドナルド、パナソニックといった著名な企業が広告主として名前を連ねる。

カメラで効果測定

 デジタルサイネージ関連の製品も相次いで市場に投入されている。特徴はどの製品も今後デジタルサイネージの市場を立ち上げていく上で広告主や広告代理店が直面するであろう課題を先取りし、製品の機能を充実させている点である。

 デジタルサイネージの課題の1つに、例えば広告効果を定量化できず分かりにくい、というものがある。そこでマクニカネットワークスは、デジタルサイネージを何人が見たのかを計測できるシステム「iCapture」の販売を2月4日に開始した。

 これはカメラと顔認識技術を搭載したソフトウエアを組み合わせたもので、デジタルサイネージに目線を合わせた人の数を計測する。デジタルサイネージの前を通った人の数も計測できるので、100人中10人が見たなど、視聴率を計算できる。

コメント0

「放送・通信業界ウオッチ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授