• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

国のプライドと戦略はあるか

オバマ施政方針演説はプロジェクトマネジメント的

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年3月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 麻生太郎首相が、施政方針演説前のバラク・オバマ米大統領に会いに行ったのは何のためだったのだろう。片道12時間もの長旅をして、オバマ大統領とわずか1時間強だけ会談して帰国する先進国の首長があっていいものだろうか。

 客観的に見れば、首相自らが日本は米国の属国であることを世界に説明したことになっているかもしれない。

 本家の親分に呼びつけられて、話を聞きに行ったわけではなさそうだ。最悪の人気になってしまったので、世界的なヒーローになっているオバマ大統領に会うことによって自分の人気を回復したいと思ったのだろうか。まるで人気絶頂の有名タレントと会談して、そのことを吹聴する、自分に自信のない俗人の典型みたいだとさえ思う。

本当に価値ある行動とは

 1人の日本国民として、こんなことをする日本国首相を寂しく思う。日本のリーダーの立場にある人が全くプライドを持ち合わせていないのだ。韓国大統領やフィリピン大統領だって、こんな従属国の首長のような行動は取らないだろう。

 中国の元首なら、むしろオバマ大統領が会いたいと言うまでじっと待つかもしれない。中国外交には日本よりもずっと戦略性があるし、中国が米国の属国になることはあり得ないことだ。

 国にもプライドが必要だ。就任した新しい親分にいち早くご挨拶に参じた麻生首相には国のプライドを体現する力が皆無だと思う。

 外国元首の中で最初に新任米国大統領に会ったということ、1番目ということに何の価値があるのだろうか。

コメント5

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トヨタ生産システムでは問題が出て当たり前なんですよ。

友山 茂樹 トヨタ自動車専務役員