• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「1000円ハイウエー」で愛車との距離も縮まる

経済波及効果は観光分野で7000億~8000億円

  • 池原 照雄

バックナンバー

2009年3月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 政府が昨年末に経済対策として打ち出した高速道路料金の引き下げが、今週末28日から本格運用される。賛否両論が渦巻くことになろうが、素直に嬉しいと思っている。筆者の場合、クルマで遠出することは近年ほとんどなくなっていた。だが、「1000円ハイウエー」の実施を前に、わが家でも久々にドライブ旅行のプランが浮上している。

 高速道の料金引き下げは、ETC(自動料金収受システム)を搭載した乗用車や2輪車が対象となるもので、すでに先週20日からは3本の本四連絡橋と東京湾アクアラインで土日祝日(以下、休日)は1000円という料金制度が始まった。

 3月28日からは大都市圏(首都圏と近畿圏)とその近郊区間を除く地方部では休日の上限が1000円となる。ただし、この時点では一度大都市圏を経由(大都市圏またぎ)する場合は、地方部の料金は2000円が上限となる。

 次いで30日からは平日でも地方部では全時間帯で3割以上の割引が適用される。さらに、大型連休が始まる4月29日(祝日)からは大都市圏またぎで利用する場合も、休日の地方部については上限1000円の完全実施となるスケジュールだ。

 例えば、関西圏の人が大都市近郊区間ではない「神戸西インターチェンジ(IC)」から山陽道や九州道などを利用して大分県の「湯布院IC」まで出かけると、通常は1万3750円の料金が1000円で済む。また、名古屋の人が首都圏を通らないルートで「名古屋IC」から「仙台宮城IC」まで利用すると1万4250円が1000円となる。

 一気にそれだけの距離は走れないという向きには、一度高速を降りて乗り継いでも地方部の料金は上限1000円というウラ技も用意される。

 これは4月29日から実施される「乗り継ぎ特例」で、休日利用など所定の条件を満たせば、ICを出た日から2日以内に乗り継いだICの出口を通過すれば地方部の料金は上限1000円となる。大都市圏は高速道を使わずに一般道で通過したり、一度降りて宿泊した後に再度高速道を利用したりといったケースで使えそうだ。

観光客増、ETC購入、クルマ整備増などの効果を期待

 今回の料金引き下げは2年間だけの措置で、休日の値下げ重視ということになるが、長年、クルマを持つことで道路整備のために重い税負担をしてきた立場からは大歓迎だ。高速料金はバカ高いものと諦めるしかなかった者からすれば、「1000円ポッキリ」は、衝撃的ですらある。

コメント9件コメント/レビュー

1000円高速料金、随分人気があるようですね。でも忘れないで下さいね、値下がりではなく税金からの補填です。「10000円分走ったのに1割の1000円しか請求されない。儲かった!」なんて江戸時代の人や、明治憲法発布を“絹布の法被がもらえる”と思い込んだ明治の庶民みたいにならないでね。高速道路使用者がこれで増えれば旧道路公団の人達は売り上げが増えて嬉しいでしょうし、税金で補填して赤字財政になったって、増税すればいいだけだから官僚と政治家も嬉しいだろうし…。走った分だけ取り返せている人は兎も角、補填分の税金だけが掛かる電車利用者などもいることを忘れないで下さいね。*自分だけは損しないようにしようとして高速を使うようなオッチョコチョイな真似をすると更に負担が増えるので…。公共交通機関を使えば済むのに自家用車を使うなんてしたら資源も無駄になるしね。(2009/05/02)

「池原照雄の「最強業界探訪--自動車プラスα」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

1000円高速料金、随分人気があるようですね。でも忘れないで下さいね、値下がりではなく税金からの補填です。「10000円分走ったのに1割の1000円しか請求されない。儲かった!」なんて江戸時代の人や、明治憲法発布を“絹布の法被がもらえる”と思い込んだ明治の庶民みたいにならないでね。高速道路使用者がこれで増えれば旧道路公団の人達は売り上げが増えて嬉しいでしょうし、税金で補填して赤字財政になったって、増税すればいいだけだから官僚と政治家も嬉しいだろうし…。走った分だけ取り返せている人は兎も角、補填分の税金だけが掛かる電車利用者などもいることを忘れないで下さいね。*自分だけは損しないようにしようとして高速を使うようなオッチョコチョイな真似をすると更に負担が増えるので…。公共交通機関を使えば済むのに自家用車を使うなんてしたら資源も無駄になるしね。(2009/05/02)

良くこんな施策に絶賛記事を書くものか良く理解出来ない私は馬鹿なのか。 いわゆるちょうちん持ち記者と言おうか自動車利用を単に喜んでいる施策立案者の意見か真の利用者、産業の立場に立っていないと私は思う。 此の施策をみたとたん英語のManupulationという言葉がピンと来た。土日、ETC、一律1000円、都市高速は除くなど消費者の心を弄んでいるしかも隠れ税金を当てているのだ。大変平等でない納得出来ない料金改定である。 国民の立場からすれば流通コスト、娯楽を含めて利用分に応じ対価は支払う。その対価の金額を欧米並みに安くする事がWIN-WINの施策といえよう。民主党の世の中になるとどのようになるのか期待したい。 私の提案は入口と出口の距離に対し最高1000KM1000円いつでもETC車に適用することを提案したい。有料は全て車両番号と有料道路通過距離は積算出来るであろう。流通コストが高いので日本は悪名高いのを和らげる効果もある。(2009/03/30)

ETC装着車は、曜日を問わず1000円均一!にした方が、もっと波及効果が大きいだろうし、たぬきしか通らない、と揶揄されたこともあるような高速道路も、物流に少しは貢献するかもしれません。(2009/03/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長