• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ドラえもん」「アンパンマン」「ポケモン」が併存する価値に、我々日本人が一番気づいていない

経済産業省 商務情報政策局 メディア・コンテンツ課 村上敬亮課長に聞く(後編)

  • 須田 伸

バックナンバー

2009年4月7日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先週(「産業再生機構的発想でコンテンツ開発するのもアリでしょう」)、先々週(「『売れているアーティストの国』という存在感」)に引き続き、経済産業省の村上敬亮さんのインタビューをお届けします。

 「売れているアーティストがいる国」の存在感は世界のなかで大きな影響力を持ち、それがひいては国の文化力になっていく。だからこそ、コンテンツの海外競争力を経済産業省として支援していきたい、ということ。そして、コンテンツの海外展開ファンドや、「アジア・コンテンツ・ビジネスサミット」といった、具体案についてお聞きしました。

 最終週である今回は、諸外国からみれば垂涎モノだというジャパン・コンテンツの資産価値と、村上さんのストレートトークの背景にある思いについて、語って頂きました。

日本人が一番気づいていないかもしれない「コンテンツ資産」の実力

須田 国家がコンテンツ製作を支援することに対して、大げさにいえば「民業圧迫になる」といったような抵抗のようなものを、感じることはありますか?

村上 コンテンツ製作って、行政官がこれをやったら正解だというようなことは、ないと思います。

 やれることは、民間のプレーヤーの方々に、いろいろな動きをしてもらうための「場づくり」を続けていくこと。その中から、本物が生まれればいいわけです。

 で、成功した時に、その場をつくったのは誰かなんていうことは、忘れていただいて結構です、と。

 この業界は、ひとつ、ふたつとヒットが出れば変わります。ですから、欲しいのはヒット曲であり、ヒット作品。それだけなんです。モデルケースができれば、それに続くものがどんどん出てくるから、もう放っておいても大丈夫になる。

須田 ヒットするコンテンツが出ると、その国に対する諸外国からのイメージというのはやはり大きく変わるし、それが国力としても大きく意味を持つというところに、なっていってくれればいいと。

村上 そう思います。今だって、諸外国から見たら、本当にうらやましいヒットコンテンツの宝庫なわけでから、日本は。たとえば、日本のアニメーションのライツなんてもう、のどから手が出るほど欲しい、と言われるものがたくさんあるわけですよ。

 日本人の方が逆にまだ、コンテンツという資産が持つポテンシャルを十分に理解してないということだと思うんですね。

 僕らにとっては、存在するのが当たり前だから。
 普通に「ドラえもん」があって、普通に「アンパンマン」があって、普通に「ポケモン」がある。と、もう思っちゃってる。

須田 でも、よくよく考えれば、実はすごいことだと。

村上 そうです。

須田 逆に、無自覚なまま放っておくと、この先その「すごいこと」が続かないかもしれないという危険もある?

村上 そう思います。

諸外国に日本シンパのクリエーターをつくる計画も

須田 それは今後、モノづくりにおいても、単なる性能での差別化ということはだんだん難しくなって、そこにコンテンツだったり、ストーリーだったりというものを付けていくことが大切になる、例えていうなら「壊れてもイタリア車に乗りたい」ということにもつながる話ですね。

村上 そういうことでしょう。消費というのは、確率事象だと思っています。

 結局、全体として日本シンパシーがどれぐらい高いかという中での標準分布をどう変えていくかといったことです。おそらく、マーケットデザインってそういうことなんですよ。少なくとも国策レベルで戦略的にやれることは、そういうイメージをつくったり、モノを作ったり、ヒットができやすい環境をつくったり、裏で人をつなげたりということをやっていくことかなと。

コメント7件コメント/レビュー

アニメは国内で飽和してます。国内市場は救ってくれません。給料が安いのはそのせいです。他の産業は政府が保護してます。コンテンツの価値を高めるためには政府の後押しを得て、今のタイミングで海外に出すしかないです。逆に海外に出せないコンテンツ産業は今後成り立たないでしょう。ジブリが賞を狙うのはマーケティング戦略であって、中身が面白くなければならないことは彼らも意識してます。しかしまず売れないと資金を潤沢に使うことは出来ないのです。国内市場にはあなたたちを養い続ける体力はありません。クリエイターさん達、目を覚ましましょう。放置されたほうがいいんですか?(2009/10/06)

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

アニメは国内で飽和してます。国内市場は救ってくれません。給料が安いのはそのせいです。他の産業は政府が保護してます。コンテンツの価値を高めるためには政府の後押しを得て、今のタイミングで海外に出すしかないです。逆に海外に出せないコンテンツ産業は今後成り立たないでしょう。ジブリが賞を狙うのはマーケティング戦略であって、中身が面白くなければならないことは彼らも意識してます。しかしまず売れないと資金を潤沢に使うことは出来ないのです。国内市場にはあなたたちを養い続ける体力はありません。クリエイターさん達、目を覚ましましょう。放置されたほうがいいんですか?(2009/10/06)

あらためて読み直して、絶望感を掻き立てられます。けっきょくのところ利益配分の不均衡はほぼ無視したまま、今の体制を維持したままで、どうやって商売を拡大していくか、それにしか目が向いていないというのが良く分かりました。革新をもたらすのが行政の仕事ではないとはいえ、やはりしんどくて切ないものですね。庵野秀明氏が自身で流通を掌握して制作の取り分を拡大しようとするのも分かります。出来うることなれば、こうした制作者の動きに対して行政官自らが「抵抗勢力」とならないことを望みます。(2009/08/08)

課長さんの言っていることは何となくわかるのですが、でもやはり無粋というか動機が不純な感じがします。コンテンツと呼んでいるもの、日本という国のくくりを無理矢理一緒にしているようです。アニメ好きにとっては好きなアニメと嫌いなアニメがあるだけで、だから日本がいいとかどうかは関係ないです。ましてや国を好きになってもらうために押しつけで売りにくるようなものはおもしろくないです。ジブリの映画も、賞を狙いにいくようになった「千と千尋」以降は無難だけどおもしろくなくなってますよね。産業として育てるというくらいでとどめる謙虚さがあったほうがよいのではないでしょうか。(2009/04/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長