• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

雨の日のアリは、何をしているのか?

ブログの「生態系」を理解するということ

  • 須田 伸

バックナンバー

2009年4月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ブログやSNSなどで、一般の生活者がネット上で情報発信することは、今やすっかり当たり前のことです。そうした変化が、企業の広告コミュニケーションにも、影響を与えるようになってきているのも、ご存知のとおりです。

 このコラムでも、何度か取り上げてきましたが、従来は存在しなかったマーケティング手法が、ネット上で情報発信する生活者の台頭によって誕生しました。新たな環境で成功するための作法というのは、従来のマーケティングの手法とは、必ずしも同じではありません。いわゆるパラダイムの転換が必要になってきます。今回は、あらためて、このパラダイムの転換について、お話したいと思います。

単なる流行ではなく、パラダイムの転換

これまでの広告の仕組みは「to C」、Consumer、生活者に向かって、広告メッセージを発信する。受け手である生活者に向けてメッセージを伝達する、というものです。

 これにたいして、ソーシャルメディアにおけるマーケティングは、従来の「to C」ではなくて、「with C」になります。言い換えればメッセージを広めたりだったり、ブランドの強化だったり、さまざまなマーケティングプロセスに、生活者を巻き込む、ということです。

 これは、単なる流行とか、一過性のものではなくて、これまでの広告手法とは明らかに異なる「パラダイムシフト」です。

 これまでの広告が、舞台があって、広告主が雇ったプロの役者がいて、生活者は、客席の観客のようなもので、観客の皆さんは黙って鑑賞していてください、気に入ったらお帰りに我が社の商品を買っていってください、という形式だったのが、生活者の方々に舞台にあがってもらって、いっしょに我が社の商品を展開するパーティを盛り上げましょう、というような話です。

 とはいっても、あくまでも、企業の側にはマーケティングプロセスにおける、ゴールがあるわけですから、その目的にそったカタチで、生活者を巻き込まなければならない。当たり前のことですが、生活者を巻き込む、というと、巻き込むことだけで満足してしまって、肝心の、マーケティングゴールが、どっかにいってしまうケースも、ないわけではありません。

 ただ、現時点ではむしろ逆に、企業側のマーケティングゴールへの意識が強すぎて、舞台にあがった生活者たちが「俺たちを勝手に利用するんじゃない」といって、文句を言い始める。ノイズが大きくなって、せっかくのソーシャルメディアキャンペーンがうまく機能しない、そんなケースも、あるように思います。

 企業のマーケティング担当者の方々が、生活者が情報発信するモチベーションによりそったカタチで、自分たちのマーケティングを展開する上で大切なことはなにか、きちんと理解しておく必要があります。

雨の日のアリは何をしているか?

 読者の皆さまは、アリって雨の日、どうしていると思いますか?

 真面目な方からは、「くだらないこと聞くんじゃない」と叱られるかもしれませんが、この「雨の日にアリは何をしていると思いますか?」という投げかけに対して、5000ものブログ記事が、アメーバブログで書かれています。

※リンクはこちら

 それらのブログ記事をひとつひとつ読んでいくと、だんだんわかることがあります。

コメント0

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員