• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「荒天航海」から「風上帆走」に移れるか

企業は強風に耐えられる足腰をつくる時期

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年5月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 金融危機になって、ほとんどの企業の経営は「荒天航海」になった。

 「県境を越える出張は社長決裁です」
 「その研究開発をやりたいのは山々ですが、お金が出ません」

 高い波と強風で荒れ狂う環境の下では、船を転覆させて遭難することが一番怖い。帆を縮めたり、無用のものを捨てたりして船を身軽にする。あるいは、船の本来の進路から外れて、安全な方位を取らなければならないこともあるだろう。

 荒天航海はつらい。私が初めてで一番厳しい経験をしたのは大学院1年生の時。コンテナを750個積み、長さ175メートルの第1世代のコンテナ船「パシフィック・アロー」でカナダのバンクーバー往復の乗船体験をした際のことだ。

 復路バンクーバーを出港して2日目の終わりから約1日間、荒天海域での航海を経験した。発達しながら北上してきた東シナ海低気圧のど真ん中に突入してしまったのだ。船長の判断ミスでもあった。

 約1日間船は激しいスラミング(船首が空中に出るような激しい揺れ)を7秒に1回繰り返すのだ。比較的船に強い私は、午後12時からワッチ(当直)の終わった2等航海士と操舵手と3人で、ビールを飲んでいた。片手にビール瓶、片手にグラスをしっかり持つという状態だった。しかし、翌朝はもうダメだった。ほとんど人生で最大の船酔いになってしまった。乗組員の半数ぐらいがダウンしていた。

荒天航海中の経営者の思い

 それから20年ぐらいが過ぎて、私は双胴型の新しい高速船をIHIと共同で開発していた。3億円をかけて建造した実験船で実証実験を行う最終ステージに入っていた。実験船は長さ30メートル、重さ28トンの小船だった。人命を預かる乗り物だから、この実験船で荒天での安全性を検証しなければならないのだ。

 11月末の相模湾だった。磯子を出港して相模湾に入ると冠雪した富士山が美しかった。そして対航してくるのは漁船だった。まだ昼前だというのに帰港しているのだ。

 「変だな」と思ったのは、相模湾を知らない私たちの浅薄さだった。

 「富士山がきれいに見える時は、風が強くて、時化るから、危険です」

 後で聞いたことだ。結局、昼食直後に実験をあきらめて、帰路に就いたのだが、その帰路は波が横から、後ろから来るので危険がいっぱいだった。しかも全く新型の船で、吃水(水面下の深さ)が70センチしかない船だ。

 こんな荒天航海の時、前向きなことは考えられない。恐怖と後悔に頭が支配されてしまう。しかも、自分がその船のチーフデザイナーだったり、船長だったりしたら、責任感からとてつもなく大きな恐怖と後悔の念がわいてくる。チーフデザイナーや船長を務めたことさえ後悔してしまうこともあるだろう。荒天航海中のたくさんの経営者の方々は、こんな気持ちになっていることだろう。

コメント11

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大量陳列、大量販売というのがある程度限界にきているのかなと思います。

松﨑 曉 良品計画社長