• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米クライスラー、顧客の“煩悩” を読みきれず

日本車キラー「ネオン」は「技術的に正しい」が仇?

  • 浜田 基彦

バックナンバー

2009年5月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント5件コメント/レビュー

まったく、数字の大小が分かる相手にはかないません(苦笑)。(2009/05/07)

「浜田基彦の「走る 曲がる 止まる」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

まったく、数字の大小が分かる相手にはかないません(苦笑)。(2009/05/07)

自動車という商品の本質(本性か?)を突いた素晴らしい記事です。昔、マッチのマーチにスーパーチャージャーとターボを付けたスーパーターボ!という無駄ぐるまが有りましたし、ホンダの赤バッジ付の車はエンジンが1万回転も回るけど、回す場所も人もほぼいません。大体売っているほとんどの車はDOHCエンジンですがDOHCがOHCより効いてくるのは7千回転以上なのでほぼ無駄です。ことほど左様に、クルマというのは無駄命!無駄が全てという商品なので、無駄部分にどれだけ真剣に取り組むかが運命の分かれ道。最近の若者は車を所有するのが最も無駄なことと気づき始めたみたいで、寂しいです。(2009/05/07)

そうでしょう。車は純粋に機械としては見ず、おもちゃ性を持ったものだから。体感的にも4発より6発8発の方が音も振動も気持ち良い気がする。4発好きはスパルタンでもあるが。(2009/05/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表