• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

『ウェブはバカと暇人のもの』に、二度、まいってしまいました

  • 須田 伸

バックナンバー

2009年5月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 友人である中川淳一郎さんから今年の2月頃に「今、インターネットに関する本を書いている」と聞いて「それは楽しみだ。出版された必ず買うよ」といった会話をしました。4月になって新聞の朝刊の書籍広告欄に中川さんの名前があったので「お、ついに、あの時、書いていると言っていた本が出版されたのだな」と思ったのですが、その横に書かれている書名を見て「これは、まいったな」とつぶやいてしまいました。何しろ、その本のタイトルが『ウェブはバカと暇人のもの 現場からのネット敗北宣言』というものだったからです。

 自分が商売のフィールドに選んでいるジャンルが「バカと暇人のもの」と決めつけられて嬉しい人はいないでしょう。「必ず買うよ」と約束していなければ、読まずに無視したかもしれません。

 しかし約束は約束だし、友人である中川さんが、タイトルはともかく、いったいどんなことを書いているのか、興味を抑えることも出来ず、その日の午後に書店で買い求めて、週末に一気に読みました。そして読了後、再び「これは、まいったな」とつぶやくはめになりました。というのは、この本に書かれていることに、かなり共感してしまったからです。

品行方正で怒りっぽいネット住民

 たとえば、ブログに「自販機の横で100円拾っちゃいました」といった書き込みをすると、「通報しますた!」と騒ぎ立てる。そんな品行方正で怒りっぽい人々の暴走事例が、この本の中では、たくさん紹介されています。そして結論として辿りついた、ネットには「怒りたい人」「吊るし上げの対象を血眼で探す人」が多い、という著者の主張には、たしかにその通りだとうなずかざるをえません。また他ならぬ自分自身も、過去において「品行方正で怒りっぽい」言動をしたことが思い当たります。今まで存在しなかったウェブという新しいツールを手にして、それとどう付き合っていったらいいのか、よくわからないままに、時として暴走してしまう。

 もちろんネット上で交わされる言論がすべてそうした種類のものではないことを著者の中川さんも理解しているのですが、往々にして声のヴォリュームとして、ひたすら攻撃的な書き込みをする人たちのものが大きくなってしまう。いったん火の手が上がると、真に良識ある人は、そうした負のスバイラルに巻き込まれまいと静観を決めこむので、さらにワンサイドに偏った言論になってしまう。

コメント13

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト