• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「日本のキャリアってすごいですね、でも・・・」

お門違いの「官製不況」悪玉論

  • クロサカ タツヤ

バックナンバー

2009年5月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本の通信技術を世界に売り出せないか。政策当局とも協調しながら、世界のあちこちを行脚しているのだが、交渉を重ねる中で困ったことが1つある。それは、日本の通信分野の産業構造が、世界中の多くの国と異なっているということだ。

 例えば、通信キャリア由来の技術を説明しようとした時、それは顕在化する。海外では通信キャリアの主な役割は、インフラの敷設とその運用である。基本的にそれ以外の仕事は他人任せ、すなわち通信設備事業者や端末メーカーが担うことになる。場合によっては技術のみならず、設備投資に必要なファイナンスさえもメーカーに依存することがある。

 一方、日本の通信キャリアは、自らがインフラ技術の開発を行ったり、端末開発に乗り出したりすることが少なくない。最近では、NTTドコモがメーカーの端末開発に資金援助を行い、代わりに知財を共有するといった、がっぷり四つで組むスキームも登場している。

 またディー・エヌ・エー(DeNA)の「モバゲータウン」に代表される、いわゆる「勝手サイト」も、NTTドコモを始めとしたキャリア各社の開発チームによる仕様開示などを受けて開発されるなど、アプリケーション開発の領域でも彼らの役割が増大している。これがいわゆる「垂直統合」の実像である。

強大キャリアによる支配

 こうした、産業全体の守護者(あるいは支配者)としての役割を通信キャリアが担うケースは、米国でも一部見られるが、それでも日本よりは力が弱い。その意味で、日本ほど通信キャリアが強大で、かつエコノミーの大部分を支配している国はほとんどない。

 そこにコミュニケーション・ギャップが生じるのである。つまり、こちらが通信キャリア由来の技術だと説明しても、先方の頭の中は「なぜキャリアが技術開発をするの?」というところで思考停止してしまうのだ。

 そして最初にこの違和感を持たれてしまうと、それを解くために日本の通信セクターの産業構造の説明となり、ふと気がつけばすっかり日も暮れ、先方の頭に残るのは、技術の話ではなく「日本のキャリアってすごいですね」という印象だけとなる。

 垂直統合型の産業構造は、うまくいけば信頼性が高く効率的なエコノミー(経済圏)を作ることが可能となる。ケータイ産業でいえば、その顕著な成功例は、iモードとその周辺エコノミーだと言えよう。また、そもそも何か新しいサービスを作ろうとする時、当初はアプリケーションから足回りまで、そのすべてを作っていくことが必要となる。

 プラットフォームの開放が叫ばれて久しいが、そうした議論も、あくまでそうした一気通貫のサービス開発を経て、サービスが成熟してから、ある部分がプラットフォームとして切り出されていくというものだ。水平分業の申し子のように見えるインターネットでさえ、当初は米国防高等研究計画局(DARPA)の枠組みという閉じた環境で、アプリケーションを含めた全体の基本設計が行われたのである。従って、垂直統合が悪いとか、何でもかんでも最初からオープンにせよ、という議論は、やはり短絡的に過ぎる。

 しかし、通信キャリアによる垂直統合ということは、当然ながらその求心力も牽引力もすべてが集中し、エコノミー全体が彼らに依存する構造となる。リスクの分散がリスクヘッジの原則である以上、集中しているということは、やはりリスク要因である。実際、キャリアの業績が悪化したり、キャリアによる開発に限界が生じたりした瞬間、その産業構造全体の価値が毀損されかねない。

コメント2

「クロサカタツヤのケータイ産業解体新書」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック