• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

地域WiMAXの成功モデルを作る

TCNと日本通信が新サービスを検証

  • 松浦 龍夫

バックナンバー

2009年5月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ケーブルテレビ事業を手がける東京ケーブルネットワーク(TCN、サービス提供エリアは東京都荒川区、千代田区、文京区)と日本通信は2009年4月17日に、次世代高速無線通信技術「WiMAX」のネットワークを利用した地域サービスの共同実験を実施すると発表した。

 TCNにとっては地域WiMAXを使った通信サービスのアプリケーションを増やすことにつながり、企業や自治体といったサービス利用者を獲得できる可能性が高まる。日本通信は3G(第3世代)ネットワークやPHSネットワークに地域WiMAXのネットワークが加わることで、顧客の端末に応じた多様なネットワークサービスが提供できるメリットがある。

 両社はデジタルサイネージ(電子看板)や動画配信、コンテンツ配信といったテーマで実証実験を、期限を設けずに実施する。日本通信 取締役の田島淳氏は、「地域WiMAXと連携した成功モデルを作りたい」と意気込みを語る。

地方の名産品を都内で広告宣伝

 デジタルサイネージの実証実験では、日本通信のネットワークとTCNの地域WiMAXのネットワークを相互接続し、地方都市の映像を都心に設置したデジタルサイネージ端末で放映することを想定している。

 具体的には京都府宮津市に本社を置く日本通信の子会社「丹後通信」が、地元の名産品の映像や観光地の映像、イベントの広告宣伝映像などを送信し、東京に設置したデジタルサイネージ端末のディスプレイで放映する。放映する映像には、あらかじめ地域についての文字情報も挿入しておき、合わせて表示する。

 デジタルサイネージ端末は、携帯電話機に組み込まれた必接触IC技術「FeliCa(フェリカ)」などと通信できるリーダー/ライターや無線LAN機能を搭載させる考えだ。これらの通信機能は、携帯電話機やスマートフォンに映像情報や文字情報を送信するために利用する。

 日本通信の田島氏は、「あまり知られていないが、素晴らしい名産品や観光地が地方には存在する。そうした情報を都心で広告宣伝することで、商品販売や訪問者増加などの地域振興にもつながると考えている」と説明する。

コメント0

「放送・通信業界ウオッチ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長