• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「非線形」への挑戦で得たもの

経済を含む社会現象も非線形である

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年5月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 重工業企業への入社から2年もたたないうちに、船舶基本設計部船型計画室へ異動になった。流体力学に基づいて船の形を設計し、速力や運動や操縦の性能を最適にするのが仕事だ。大学院で流体力学を誰にも負けないぐらい勉強したことが認められた結果だった。

 飛行機、車、列車、船、すべての動くものにとって空気や水の流れを知り、それをコントロールして最適にすることは大切な設計課題だ。

 あまり知られていないことだが、この中で船の形の設計が一番難しい。船の形を表現した図面の上で鉛筆の線の幅分だけ間違えて、抗力が10%変わることだってあり得るデリケートな世界なのだ。これは船の作る波の特徴が複雑なことが大きい。

 おまけに船の契約は、積載量と速度と燃費でほとんどが決まる。受注のための商談時の企業間競争もこの3点が中心になる。その結果として、完成時の予想速力にはマージンや安全率が許されない。

 予想速力が15.40ノットなのに「15.50ノットでオファーしろ」などという乱暴なことさえなくもなかった。競争に勝って受注するためだ。

試運転で契約速力を下回ってしまう怖さ

 こうして受注すると、約1年後に建造が始まって6カ月ほどで完成し、試運転が行われる。船型設計者にとって一番ハラハラする時だ。何しろ、契約速力を下回ったら、罰金を払わなくてはいけない時もあるし、0.25ノット(時速約0.5キロメートル)以上下回ったら、キャンセルにさえなりかねない。

 船型設計の部署に移籍してからも、私の担当は開発的なものが中心だった。しかし、1年余りたって、ルーチンの仕事である船型設計が回ってきた。

 「3万2000トン型のバラ積貨物船を標準船として開発するので、船型設計を担当しろ」ということだった。どんな仕事もそうだが、急がなければならなかった。1カ月以内に形を決めなければならない。
 
 どんな設計もそうだが、個人の自由裁量に任される部分は少ない。全社標準の設計法とノウハウに従わなければならない。当時の5月の連休に休日出勤して行ったのは、その標準設計を具体化する作業に近かった。実物の50分の1の図面を描くので長さ3.5メートルの船の形を作図する作業が10日間続いた。ヒノキの棒と鉛の重りと製図用鉛筆を使う作業だ。目と腰を酷使する作業でもある。

 そうして設計した標準型バラ積船は「フューチャー32」と命名され、予想に反して1年間に17隻も受注してしまった。あわてたのは私たちだった。どうせそう簡単に受注できないだろうと思って、予想速力を確認する模型実験も行っていなかったのだ。

コメント4

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授