• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

今年も世界禁煙週間で思うこと

ネットの上のテーブルマナー

  • 須田 伸

バックナンバー

2009年6月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今年も世界禁煙デー(5月31日)と、それに続く禁煙週間5月31日(日)~6月6日(土)がやってきました。以前にもこのコラムで書いたことがあると思いますが、インターネットで飛び交う議論を日々見ていて、必ず両派入り乱れての罵り合いになるトピックがあります。たとえば、「憲法9条」や「死刑制度」、そして、「タバコ」などが該当します。

 電車のホームの禁煙化や、タバコ税の引き上げの検討、喫煙者だった著名人の訃報や、TASPOの普及率と未成年の喫煙問題など、タバコにまつわるニュースには、嫌煙家グループと愛煙家グループが互いを罵倒しあうことになります。

 「煙を吸ったらゼッタイに吐かないでください」「税金をたくさん払っているんだから感謝しろ」「余計な医療費を払わされているのは非喫煙者です」などなど、そこに着地点はなく、ひたすらバトルが続くわけですが、それを眺めていて感じるのは、発言する人たちは双方ともに「絶対的な使命感」にかられて発言している、ということです。

 それは、アメリカのニュースに見る、「学校の授業でダーウィンの進化論を教えることの是非」や「同性愛結婚」「人工中絶」といったトピックをめぐって、キリスト教右派の人たちとリベラル思想を持つ人たちの間で繰り広げる論争に似たものを感じます。

正義という使命感

 タバコを吸わない人にとって、タバコの煙が迷惑な存在であることは間違いない。そして、タバコを吸う人にとって、昨今の喫煙できる場所の減少傾向は嫌煙ファシズムの影響ということになる。両者のバトルは、お互いの権利を死守するための、聖なる戦いのための言論、といった様相を呈しています。

 片方が「健康」という旗を掲げれば、もう片方は「個人の自由」という旗を掲げる。どちらの旗も、それ自体は文句のつけようのない、正しい旗印だから、両者が歩み寄る余地は存在しない。そんな印象があります。

 普段、オフィスのある渋谷の街を歩いていて、路上喫煙している人を見かけることは、それほど珍しいことではありません。しかし、それに文句をつけている人を見かけることはめったにありません。もちろん面と向かって路上喫煙を注意して、暴力沙汰になったりでもしたら、という判断もあるでしょう。リアルの空間では抑圧されている不満が、ネット空間では一気に吐き出されるからでしょうか、その罵詈雑言の応酬には今でも驚かされます。

 ネット上の声の総量としては、嫌煙サイドの方が大きいように思うのですが、愛煙家の発言もまた、多くの場合は嫌煙サイドが発見して、そこに総攻撃をかけることによって、顕在化します。

コメント6

「Web2.0(笑)の広告学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック