• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

いつまでも未熟で、いつまでも成長する

社会人になってからの努力が成長をもたらす

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年6月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5月は私にとってはつらい月だ。育ててきた学生の半数以上が3月に社会に出て行き、4月には新人が研究室のメンバーになる。今年は修士課程6人と4年生9人が新人として現れた。

 彼らの多くは、これまでほとんど間違いなく受け身の勉強をしてきた。授業を聞いてレポートを書き、試験を受けて単位をもらう。レポートの内容が嘘っぱちだったりネット情報のコピーペーストだったりしても、また試験の答えが間違っていて点数が足らなくて単位が取れないことがあったりしても、社会や他人に何の損害を及ぼすわけでもない。責任もリスクもない人生を続けているのが学生なのだ。強いて言えば、卒業できないリスク、就職できないリスクが残るだけだ。

 こんな学生がそのまま社会に出ると、大学の評価は低くなるが、それ以上に彼ら自身が苦労することになる。

 「大学では学生を教育してないようですから、結局入社してもらってから教育することになります」。企業人から、こんなふうに言われることも少なくない。

学生間の能力差は微々たる差

 私たちの研究室の研究はすべて産学連携を基本にしている。だから研究成果は実装して本当に世の中に役立つようにするのが基本だ。こうすると教員も学生もリスクを取って、お互いに成長することができる。こんな経験をしてから社会に飛び出した学生は、きっと大きな社会貢献をしてくれることだろう。自分の能力の100%を発揮してほしいと願っている。

 しかし、5月は大変な時期なのだ。すべての学生たちに、研究に対する取り組み方、生活の仕方を変えてもらわなければならないからだ。

 「私は君より何倍偉いと思う?」と学生に聞いてみた。

 新人の1人であるT君は答えた。
 「100倍ぐらいだと思います」

 私は言った。「それでは、30年間に100倍に成長するためには毎年何%成長しなければならないのだろう?」。

コメント12件コメント/レビュー

未熟と思いましょうって若い人に言っても多分無理ですよね。表面的な謙虚さが身につくだけです。まずは仕事の面白さを知ること。その次が自分の未熟さを知ることじゃないでしょうか。一気にどん底に叩き落すと元気がなくなります。ちょっと生意気なくらいが丁度いい。(2009/06/05)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

未熟と思いましょうって若い人に言っても多分無理ですよね。表面的な謙虚さが身につくだけです。まずは仕事の面白さを知ること。その次が自分の未熟さを知ることじゃないでしょうか。一気にどん底に叩き落すと元気がなくなります。ちょっと生意気なくらいが丁度いい。(2009/06/05)

私にとってとてもためになる内容でした。できるなら学校、特に義務教育までの段階で、ここまできちんと話をしてくれる方がいると、より良い人生が送れると思います。私も学校を卒業して就職した頃は“これからが本当の人生の始まり”である事をわかっていなかった。もっと真摯に取り組むべきだったと後悔しています。日本は“大人と子供の格差”が広がりすぎているように感じます。もっと子供の頃から、大人に必要な“人生に本当に役に立つ”勉強ができるようになってもらいたいです。(2009/06/05)

久々に正論を読んだ気がして溜飲が下がりました。本当に、向上心のある人とそうでない人では社会人生活が長くなればなるほどその差が広がるというのを50歳を目前にして痛感しています。毎年、自分に負荷をかけ続けるのも次第につらい年齢になってきているかと思いますが、「まだまだ出来る」という意欲だけを頼りに日々の生活に張りを持たせていきたいと思っております。(2009/06/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授