• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

進化するシステム、進化しないシステム

グリーン・ニューディールからビジネスチャンスは生まれる

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年6月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 大学に入学した時、何の部活動をするか迷った。一番好きなスポーツは野球だが、練習が厳しそうで勉強がおろそかになりそうだった。中高と柔道をしていたので、先輩から柔道部へ勧誘されたが、東大柔道部は伝統的に寝技中心で面白くなさそうだった。自動車部が魅力的だった。入部すると教習所に行かなくても、校内で練習して免許が取れると言うのだ。

 そうして入部した自動車部の活動の多くは車の整備と修理だった。当時の車の品質はかなり悪かった。エンジンのクランク・シャフトが折れたり、エンジンを支える金物が割れたりした。修理の技術が未熟なおかげで起きるトラブルも少なくなかった。今では信じられないことだ。

乗用車は「単純な構造」から「複雑なシステム」へ

 それでも私たち素人が修理できたのは、当時の乗用車の構造が単純だったからだ。ボンネットを開けるとエンジン、気化器、ブレーキシリンダー、バッテリーといった要素が一つひとつ明確に区別されて配置されていた。機械部品の集合体がボルトとナットで結合されてできていたのだ。電気は照明と計器と点火のためにしか使われていなかった。

 その後、車は大きな進歩を遂げた。車には30~60個のマイコンが搭載されていて、ほとんどのものがコンピューターによって制御されている。素人が修理できるものではなくなってしまった。つまり機械の集合体から、情報システムを駆使した「高度に進化した複雑なシステム」へと発達したのだ。その結果、乗用車の性能はすべての面で向上した。昭和53(1978)年の排ガス規制もクリアーしたし、安全性、燃費、快適さも大きな進歩を遂げた。

 しかしすべての工業製品が乗用車のように進化したわけではない。40年前と全く変わらない製品がそのまま製造されているケースもある。

 それでは、この40年間に経営は進化したのだろうか。社会システムは進化したのだろうか。

コメント1

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏