• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自分で失敗してこそ進化がある

トヨタ自動車の瀧本正民副社長に聞く

2009年6月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 世界的な販売低迷に苦しむ自動車業界。長年、世界最大の自動車メーカーとして君臨してきた米ゼネラル・モーターズが経営破綻し、トヨタ自動車も大幅赤字に転落した。

 厳しい環境が続く中、市場拡大が見込まれるのがハイブリッド車だ。日本ではエコカー減税をはじめとする政府の支援策もあり、4月にはホンダの新型「インサイト」が、5月にはトヨタの新型「プリウス」が車名別月間販売のトップに立った。

 「日経ビジネス」では2009年6月22日号の特集で「ハイブリッドカー 自動車産業の救世主なのか」を掲載。拡大するハイブリッド車ビジネスを取り上げている。その連動企画として、「日経ビジネスオンライン」では開発のキーパーソンのインタビュー、関連業界の動向などをお届けする。

 第1回目となる今回は、トヨタのハイブリッド車技術開発を指揮してきた瀧本正民副社長(技術開発担当)に聞いた。

(聞き手は 細田 孝宏)


 ―― 5月18日に発売した新型「プリウス」が好調な立ち上がりを見せています。ハイブリッド車はどう進化していくと見ているのでしょうか。

瀧本 正民(たきもと・まさたみ)氏
1946年生まれ。70年トヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)入社。1994年第3開発センター第3企画部長、99年取締役、2002年常務、2003年専務、2005年から副社長。6月23日の株主総会で取締役を退任し、豊田中央研究所代表に就く予定。
(写真:高木 茂樹)

 瀧本 2020年までにすべての車種にハイブリッド車を設定するという方針に向け、トヨタは着実に進んでいます。一部には「ハイブリッド車は電気自動車が普及するまでの橋渡し役に過ぎない」といった見方がありますが、トヨタはそういう観点で見ていません。

 我々が開発を目指しているのは、地球と共生できるサステイナブルモビリティ(持続的に使用できる乗り物)です。ハイブリッド車はもちろんですが、それをベースに次に備えた準備を進めています。モーターとバッテリー、制御装置。ハイブリッド車の中核技術であるこの3つは、いずれも将来、燃料電池車や電気自動車が実用化になる時にも応用できます。「ハイブリッド車」はいずれなくなるかもしれませんが、「ハイブリッド技術」はずっと必要になる。トヨタはその技術を磨いてきました。

人に頼る限り、他社の先には行けない

 ―― エンジンで動いていたクルマがモーターでも動くようになりました。自動車メーカーとして求められる技術が変わります。技術領域が広がる中で、どこまでトヨタ自身で開発していくのでしょうか。

 瀧本 基本的にはすべて自前で作るのがトヨタの考えです。(1997年発売の)初代プリウスの開発当初、市販のモーターを試してみましたが自動車向けとしては使い物になりませんでした。要求される温度条件や耐用期間などがクリアできなかったからです。だから自分たちで作り始めた。電気を制御するインバーターも同じ考えから自分たちで開発しています。

 電池についてはトヨタに知識が乏しかったため、パナソニックと共同出資会社を作ったのです。ここへきてようやく理解が深まり、自分たちなりに改良の余地が見えてきました。中核部品となる電池は、自分たちで開発、生産できるようにしなければなりません。

 ―― 社外のサプライヤーから買ってくることもできますが。

コメント5件コメント/レビュー

数日前にハイブリットの知識を得ようと思いトヨタ直営の販売店に出かけてみた。今年3月に13年目の車検を受けているので今買い替えを急いでいないが、特別に25万円補助されると聞いて少々ケチ性がでたので。話を聞いていて感じたことは、トヨタは業績下垂の今でも以前からの高姿勢は変わっていなかった。プリウスが売れて納車待ちになっているからかも知れないが、ハイブリット以外の現行車販売については積極姿勢はなかった。本記事でみると、技術向上に努力しているようだが、本当に顧客志向で事業をしているのか?と疑いたくなった。何兆円もの利益を挙げていた時点から 顧客志向で営業をしていれば、応援団も多くついたであろうが今になってPRしても、冷静な顧客は踊らされないと思う。トヨタ・ホンダ以外のメーカーの頑張りに期待して、買い替えは慎重に考えていきたい。(2009/06/23)

「新・ハイブリッド戦争」のバックナンバー

一覧

「自分で失敗してこそ進化がある」の著者

細田 孝宏

細田 孝宏(ほそだ・たかひろ)

日経ビジネス 副編集長

1995年早稲田大学卒業。日経BPに入社し、日経ビジネス編集に配属される。日経アーキテクチュア編集、日経ビジネス・ニューヨーク支局長などを経て現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

数日前にハイブリットの知識を得ようと思いトヨタ直営の販売店に出かけてみた。今年3月に13年目の車検を受けているので今買い替えを急いでいないが、特別に25万円補助されると聞いて少々ケチ性がでたので。話を聞いていて感じたことは、トヨタは業績下垂の今でも以前からの高姿勢は変わっていなかった。プリウスが売れて納車待ちになっているからかも知れないが、ハイブリット以外の現行車販売については積極姿勢はなかった。本記事でみると、技術向上に努力しているようだが、本当に顧客志向で事業をしているのか?と疑いたくなった。何兆円もの利益を挙げていた時点から 顧客志向で営業をしていれば、応援団も多くついたであろうが今になってPRしても、冷静な顧客は踊らされないと思う。トヨタ・ホンダ以外のメーカーの頑張りに期待して、買い替えは慎重に考えていきたい。(2009/06/23)

「歴史は人が作るもの。」そう考えています。「トヨタはHEVで歴史を作ろうとしている。」私はこの記事からそう感じました。「勇気」こそが尊敬の基です。トヨタが尊敬される地位を目指す意思を示したのだと頼もしく思います。それでもあえて批判するあまのじゃくをお許しください。<<論点1>>:HEVはエンジンとモーターの2重投資。「無駄」が多い。<<論点2>>:電化製品には裾野の広い産業基盤があり,安全管理から動作制御,ユーザインターフェース設計まで利用可能な要素技術が多い。冷蔵庫や洗濯機,テレビの使い勝手と電気掃除機や電子レンジの安全性をもったクルマができるとしたら対抗できるのか。<<論点3>>:低炭素と無炭素。「ゼロ」の迫力をどう対処するか?電気自動車は原子力発電や自然エネルギーとの組み合わせで原理的にCO2排出をゼロにできる。HEVでは化石燃料を使う限り「ゼロ」にはならない。これはブランドの決定的イメージ格差になる。 それでもトヨタの勇気と底力はこれらの論点を「杞憂,シロウト考え」にしてくれるだろうが…(2009/06/23)

技術的な苦労について書かれておりますが、私たちユーザーとしてはどんなにいい技術であっても、逆に他のメーカーと技術はおくれていても、欲しい時に欲しいものがてにはいってこそ満足するのではないでしょうか?どんなにすばらしい技術を開発しても、納車に半年以上かかるような体制では明らかに失敗を犯していると考えますがどうでしょうか?最終的にはユーザーあってのメーカーではないでしょうか。技術もそうかもしれませんが、適切な供給があってのユーザー側にたったものの考え方と考えます。次は、いかに早くユーザーに届けるかを考えて欲しいと思います。(2009/06/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長