• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

電気自動車は次世代の主力車種となるか

輝かしいハイブリッド車の社会変革に学べ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年6月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 海の仕事が中心だった頃、ヨットなどのマリンスポーツも楽しんでいると思われていた。今でもそう思われることが多い。しかし本当は全く違う。ずっと前から海で遊びたいという気持ちがなくなってしまったのだ。海は職場だから、海の仕事ではいつも難しいことつらいこと苦しいこと危険なことが満載だった。海は好きだし私の原点でもあるのだが、いまだに心休まる場所ではないのだ。

 だから「仕事は海で、遊びは山で」などと答えていた。学生時代から山道のドライビングは好きだ。ところが、昨年から自動車が趣味ではなくて仕事の一部になってきた。2次電池や電気自動車による新しい社会システムを作るプロジェクトを起動したからだ。

 おかげで昨年の夏頃から、趣味を休止せざるを得なくなった。私の愛車1999年型スカイライン・ターボ車は名車だと思う。直列6気筒のRB型エンジンもサスペンションも車体の剛性も素晴らしい。しかし燃費はかなり悪く、1リッター当たり6キロメートルぐらいしか走らない。

 環境がらみの仕事を始めた私には罪悪感があって、この車で東筑波スカイラインに出かけることがほとんどなくなってしまった。

ハイブリッド車は社会変革をもたらす製品となった

 今年5月には国内登録車販売台数でハイブリッド車の比率が12%を占めた。ほとんどがトヨタの「プリウス」とホンダの「インサイト」である。最初の「プリウス」が発売されてから12年が経ち、日本の乗用車市場はハイブリッド車と軽自動車が主役の時代になった。

 こうして主役となる工業製品が生まれてその産業が変化していくことは大切だ。自ら開発した新製品を通して社会を変革していくのは、製造業の王道である。

 ハイブリッド車は、プロダクト(製品)・イノベーションを率先垂範している。日本の製造業と製品の中では稀な例だ。30年前のソニーの「ウォークマン」に近い例と言ってもいいだろう。

 プロダクト・イノベーションは難しいことなのに、日本の自動車産業とエレクトロニクス産業はそれに挑戦し続けている。日本の貿易収支を支えているのはこの2つの産業である。1960年代はそれが造船と鉄鋼だった。

コメント17件コメント/レビュー

まず、沖縄を特区化してスタートするという方法に大きく賛同する者です。と、同時にベタープレイス社が提唱する電池スタンドと、電池交換の度にレンタル料を支払う。というシステムの組み合わせに、明るい将来を予見できないかと考えています。家庭用太陽光発電の電気を、車に充電し、満充電の電池をスタンドに逆販売する方法を組み合わせることによって、電池を利用したスマートグリッドにまで発展できる可能性を考慮してのことです。電池の所有権がエンドユーザーから離れることで、技術の進展による電池の更新も行いやすくなりますし、「街中用の安価な電池」と「遠出用の高価な電池」という使い分けも可能になりますし。個人的には、良い感じになりそうな予感があるのですが。。。(2009/06/30)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

まず、沖縄を特区化してスタートするという方法に大きく賛同する者です。と、同時にベタープレイス社が提唱する電池スタンドと、電池交換の度にレンタル料を支払う。というシステムの組み合わせに、明るい将来を予見できないかと考えています。家庭用太陽光発電の電気を、車に充電し、満充電の電池をスタンドに逆販売する方法を組み合わせることによって、電池を利用したスマートグリッドにまで発展できる可能性を考慮してのことです。電池の所有権がエンドユーザーから離れることで、技術の進展による電池の更新も行いやすくなりますし、「街中用の安価な電池」と「遠出用の高価な電池」という使い分けも可能になりますし。個人的には、良い感じになりそうな予感があるのですが。。。(2009/06/30)

「これから」新規で売る分としての電気自動車は環境保護意識による訴追が後押しするので「それなりに」売れるでしょう。しかしながら、電気自動車以前の車を環境破壊型として買い替えを強要するのは別の意味で二律背反を孕みます。それは、古い自動車と言えど処分するのにはある程度の環境破壊を伴うと言うこと。そして、それを市場及びマスコミはまじめに語ってないのが最大の問題点でしょう。なんとなれば「売らんかな」のためにプロパガンダを垂れ流してるのと動議ですから。(2009/06/28)

コメントへのコメントですが、いつも専門外とかのコメントがあるようです。おそらく同じ読者かと思います。専門とは必ず要素技術という意味ではないです。車、船の専門はあなたの大学で学んだいくつかの教科でもカバーできないでしょう。今ではシステマテックな時代である。専門の要素技術を10年20年取り組んでも応用できなければ、あなたもご自分のご専門でプロジェクトを立ち上げてみれば記事に対する理解を高めるでしょう。自分のご専門で実プロジェクトをやってみてください。システムという簡単な言葉の意味を深く理解できるでしょう。(2009/06/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長