• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

守るニッケル水素、攻めるリチウムイオン、電池の本命は?

車載用電池でも競争激化へ

  • 細田 孝宏,山崎 良兵

バックナンバー

2009年6月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ハイブリッド車人気で活況を呈しているのは自動車の工場ばかりではない。ハイブリッド車には欠かせない車載用電池を製造する電池メーカーも生産に追われている。

 「5月の連休明けから3交代で24時間操業が続いている。操業度が3~4割だった1~3月とは様変わりした」

 プリウスなどトヨタのハイブリッド車向け電池を生産するパナソニックEVエナジー(静岡県湖西市)の林芳郎社長は、こう話す。同社はトヨタが60%、パナソニックが40%の株式を持つ両社の共同出資会社。1997年発売の初代プリウスからトヨタのハイブリッド車に電池を供給してきた。

新型「プリウス」に搭載されているニッケル水素電池。パナソニックEVエナジーが供給している
(写真:菅野勝男)

 プリウスのヒットで、生産体制の強化を急ぐ。湖西市にある工場の新ライン稼働に加え、来年早々には約300億円を投じて宮城県に新工場を立ち上げる。当初10万台分からスタートし、いずれ20万台分に増強する見通し。これで生産能力は100万台分まで高まる。「(プリウスが)米国で大ブレークしたら分からないが、差し当たって電池のせいでトヨタの生産に穴を開けることはなくなる」(EVエナジーの林社長)という。

 同社が生産するのはニッケル水素電池と呼ばれるタイプの電池。ホンダのハイブリッド車「インサイト」が搭載しているのも同じタイプで、こちらは三洋電機製のものだ。現在のハイブリッド車はほとんどがこのニッケル水素電池を積んでいる。

日立は新型電池で自動車メーカーへの食い込み狙う

 その次世代の電池として本命視されているのがリチウムイオン電池。ニッケル水素電池より電気を大量に詰め込めるのが利点だ。世界の電機メーカー各社がこのリチウム電池でクルマ向けのビジネス拡大を狙っている。日立製作所もその1社。グループ2社と共同出資で2004年に設立した日立ビークルエナジーが自動車メーカーに食い込もうとしている。

 「車載用電池としてはリチウム電池が圧倒的に有利。2015年には(ニッケル水素電池から)置き換わる」。威勢がいいのは日立ビークルエナジーの川本秀隆社長。日立はグループで2015度に車載用リチウムイオン電池事業で1000億円の売り上げを目標としている。

コメント6

「新・ハイブリッド戦争」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長