• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

iPhoneミニバブルの必然

アップルは“賭場の胴元”だから強い

  • クロサカ タツヤ

バックナンバー

2009年6月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン)」のニューモデルである「iPhone 3G S」が、6月26日に日本発売となる。既に米アップルからは、「発売済みの世界各国で初日から3日間の合計販売台数が100万台を達成した」という、威勢のいいプレスリリースが出ており、滑り出しは上々とのこと。

 一方の日本といえば、初上陸となった2008年7月11日の「iPhone 3G」発売時に比べ、盛り上がりにはやや欠けている。前回は、アップルから重い販売ノルマを背負わされたソフトバンクモバイル(以下、SBM)の思惑もあって、表参道での行列という“演出”が見られたが、実際はすぐにあちこちのショップで入手できた。その記憶も新しい今回は、さすがに一部の好事家がお祭りをする程度だろう。

 それでも、今回のiPhone 3G Sの発売により、おそらく年内には日本国内における販売実績は100万台を超えてくるだろう。アップルもSBMも公表していないが、諸々の販売状況などから推察する限り、iPhone 3Gは既に60万~80万台程度は売れたようだ。

 iPhone 3Gの爆発的ヒットを夢見て、他の端末メーカーとの開発調達関係の見直しさえも行ったと伝え聞くSBMからすれば、いささか不本意な結果かもしれない。しかしケータイ産業が不況下にある日本において、ケータイ端末単体と考えてもなかなかの数字だし、実際かつてここまで売れた高機能端末は日本にはなかったはずだ。

ゴールドラッシュか、あるいは賭場か

 アップルが4月下旬に発表した、同社の2009年1~3月期のIR資料によれば、iPhoneの出荷台数は初代(日本未発表)を含め、全世界合計で累積2000万台を超えたようだ。言い換えれば、初代iPhoneの発売からわずか2年で、全世界で2000万台規模のエコノミーが誕生したということである。

 ソフトウェア開発者やコンテンツ事業者からすれば、興奮する状況だろう。広告モデルが中心でビジネスの構築が困難なウェブの世界や、反対にある程度のまとまった出荷本数が求められるパッケージソフトに比べ、アプリケーションの流通管理と課金をアップルが代行してくれるiPhoneのエコノミーは、果実を育てやすく、また確実に収穫しやすい。

 そうした使い勝手のいいエコノミーが、しかも2000万台という規模で、いきなり目の前に出現した。まして相手は、モビリティー(可搬性)が高く、洗練されたインターフェースを備え、高品質のサービスを実現する、高機能端末だ。開発環境も整備されており、アイデア1つで様々なサービスを世界的に展開させることができる。

 低機能端末で国内に閉じていた従来の「ケータイエコノミー」に比べ、ソフトウエア開発者から見た最大の差別化ポイントは、ここだろう。そして、「これだけニンジンをぶら下げられて走り出さないなら、もはや馬ではない」と言わんばかりに、あちこちから新しいアプリケーションやコンテンツサービスが出現している昨今である。

 しかし、それだけ軽いフットワークで動けた結果として、既にiPhone向けのサービス開発をギブアップする声もチラホラ聞こえ始めている。

コメント3件コメント/レビュー

ipod touchユーザです。APP storeに関しては、企業が参入してきちんと収益をあげることができるかどうか?は確かに疑問を感じます。とは言っても、他社がAPP storeと同様のサービスを展開して、さてどれだけ盛り上がるのか?端末ユーザーが利用してくれるのか?は、さらに疑問を感じます。ただ、APP storeもサービスが始まってまだ間もないので、今後どのようになるかはまだ何とも言えない部分が多いと思います。いろいろな意味で可能性の大きさを感じるので今後が楽しみです。しかし記事内容は「ちょっとこれは」と思わざるを得ないほどnegativeな見方ですね。(2009/06/26)

「クロサカタツヤのケータイ産業解体新書」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ipod touchユーザです。APP storeに関しては、企業が参入してきちんと収益をあげることができるかどうか?は確かに疑問を感じます。とは言っても、他社がAPP storeと同様のサービスを展開して、さてどれだけ盛り上がるのか?端末ユーザーが利用してくれるのか?は、さらに疑問を感じます。ただ、APP storeもサービスが始まってまだ間もないので、今後どのようになるかはまだ何とも言えない部分が多いと思います。いろいろな意味で可能性の大きさを感じるので今後が楽しみです。しかし記事内容は「ちょっとこれは」と思わざるを得ないほどnegativeな見方ですね。(2009/06/26)

iPhoneにはiPod touchという双子の弟がいることで、市場としてより強く補強されているという側面がまるっきり抜け落ちてませんか。それにしても相変わらずiPhoneの記事はネガティブなバイアスがかかった記事が多いように感じます。普通に考えてこの日本で発売されてから一年経った端末がそれなりのペースで売れているというだけでも特筆すべき「異常」だと思うのですが、その切り口はタブーなんでしょうか。(2009/06/25)

この筆者はおそらくiPhoneを使ったことがないか、iPhoneを必要としない環境にいるのだろう。使ったことがあれば当然気がつくケアレスミスがあちこちに見られる。一例を挙げれば、iPod touchの存在にまったく触れていないこと。つい最近行われたWWDCで、アップルはiPhoneとiPod touchを合わせて4000万台を突破したと発表している。アプリのプラットフォームを問題にするなら、電話以外の機能はほぼ同等のiPod touchを抜きにしては語れないだろう。(2009/06/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長