• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

10年で10倍になる市場、制するのはこんな会社

「機械から化学へ」自動車産業の担い手は代わるか?

  • 江村 英哲

バックナンバー

2009年6月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2020年、世界のハイブリッド車販売は1128万台に成長する――。

 その未来像が現実のものになれば、町は今の10倍近い台数のハイブリッド車が走り回る風景が見られる。JPモルガン証券の中西孝樹シニアアナリストはこう予想する。

コンセントから充電できるハイブリッド車

 二酸化炭素(CO2)排出量の削減などが声高に叫ばれる今日、各国政府は燃費規制を強化している。それを見越して自動車メーカー各社が低燃費車の開発を競い合い、欧米メーカーもハイブリッド車の開発に力を入れ始めた。

 ハイブリッド車の量産でトップを走るトヨタ自動車も、その優位性を守ろうと今年末までには次世代の「プラグインハイブリッド車」を投入する予定だ。

 プラグインハイブリッド車は、家庭用のコンセントなど外部の電源から充電することができるタイプだ。従来のハイブリッド車に比べると電気で走る距離が伸びる。つまり、エンジンの役割が従来よりも「補助的」になるわけだ。

 そのため、電池は現在のハイブリッド車に搭載されているニッケル水素から、エネルギー密度率の高いリチウムイオンに置き換わると言われる。そこで、電池の部品で先行しようと準備を進めている会社がある。様々な化学品を生産する旭化成だ。

トヨタ自動車は今年末までに「プラグインハイブリッド車」の試験販売を開始する計画だ。写真は2007年7月に公表した試作モデル
画像のクリックで拡大表示

携帯電話500台分のリチウムイオン電池

 今年4月、旭化成は電子部品に使用される化学素材の事業に特化した事業会社「旭化成イーマテリアルズ」を発足させた。

 「イー(E)」は「エレクトロニクス」と「エネルギー」に共通する頭文字だ。主力製品は、リチウムイオン電池の正極と負極を遮断する多孔質のフィルム「セパレーター」で、既に世界シェアは5割を占めているという。

コメント3

「新・ハイブリッド戦争」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)