• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自動車業界の“インテル”を探せ

エコカー銘柄に投資家が殺到

2009年6月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 6月12日に日経平均株価が1万円台を回復(終値ベース)するなど、持ち直しの兆しが出てきた株式相場。その中で、投資家の期待を集めているのがエコカー関連銘柄である。

 ハイブリッド車や電気自動車などで新たに必要となる車載用電池やモーター、インバーター。それらを手がける企業に投資家が熱い視線を注いでいる。

 その代表格が、今後エコカーへの採用が進むと見られるリチウムイオン電池を製造するジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)だ。古くからガソリン車やディーゼル車用バッテリー大手として知られるが、ここへきて環境対応車向けの電池開発に力を入れている。

PERは割高だが、期待は大きい

 2007年12月に三菱商事、三菱自動車との3社で共同出資会社「リチウムエナジージャパン」を設立し、電気自動車向けの電池開発を進めてきた。今年6月に三菱自動車が量産を発表した電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」には、GSユアサのリチウム電池が使われている。

i-MiEVに搭載されたGSユアサ製のバッテリーパック
画像のクリックで拡大表示

 さらに、ホンダとはハイブリッド車用のリチウム電池で手を組み、「ブルーエナジー」を設立。いずれの共同出資会社も株式の過半をGSユアサが持ち、主導権を握っている。

 車載用電池で存在感を高めるGSユアサの株価は、3月以降、上昇基調に乗り、6月18日に1228円をつけた。これはGSユアサにとって上場来の最高値である。

コメント2

「新・ハイブリッド戦争」のバックナンバー

一覧

「自動車業界の“インテル”を探せ」の著者

細田 孝宏

細田 孝宏(ほそだ・たかひろ)

日経ビジネス 副編集長

1995年早稲田大学卒業。日経BPに入社し、日経ビジネス編集に配属される。日経アーキテクチュア編集、日経ビジネス・ニューヨーク支局長などを経て現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長