• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自動車業界の“インテル”を探せ

エコカー銘柄に投資家が殺到

2009年6月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 6月12日に日経平均株価が1万円台を回復(終値ベース)するなど、持ち直しの兆しが出てきた株式相場。その中で、投資家の期待を集めているのがエコカー関連銘柄である。

 ハイブリッド車や電気自動車などで新たに必要となる車載用電池やモーター、インバーター。それらを手がける企業に投資家が熱い視線を注いでいる。

 その代表格が、今後エコカーへの採用が進むと見られるリチウムイオン電池を製造するジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)だ。古くからガソリン車やディーゼル車用バッテリー大手として知られるが、ここへきて環境対応車向けの電池開発に力を入れている。

PERは割高だが、期待は大きい

 2007年12月に三菱商事、三菱自動車との3社で共同出資会社「リチウムエナジージャパン」を設立し、電気自動車向けの電池開発を進めてきた。今年6月に三菱自動車が量産を発表した電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」には、GSユアサのリチウム電池が使われている。

i-MiEVに搭載されたGSユアサ製のバッテリーパック
画像のクリックで拡大表示

 さらに、ホンダとはハイブリッド車用のリチウム電池で手を組み、「ブルーエナジー」を設立。いずれの共同出資会社も株式の過半をGSユアサが持ち、主導権を握っている。

 車載用電池で存在感を高めるGSユアサの株価は、3月以降、上昇基調に乗り、6月18日に1228円をつけた。これはGSユアサにとって上場来の最高値である。

コメント2件コメント/レビュー

「4百万台クラブ」同様、「エコカー」をネタにした投資ファンドが始動していると言う事か?GMが栄華を極めた時代「オートラマ」と云うイベントを毎年開催し、未来の自動車社会を提案していた。シティーコミューター(都市で使用する充電式電気自動車)と既存の自動車(都市間と遠隔地に使用)を併用した「自動車社会モデル」を1950年代から提唱していた。因みに1960年代後半、デトロイト3(旧ビッグ3)は電気自動車とハイブリッド車を完成させていた。ハイブリッド車の心臓部、エンジンとモーターの円滑な動力切替技術の完成には、コンピューター技術の進歩を待たなければならなかった。「プラグ・イン式電気自動車」は大都市のコミューターには有効でも、長距離移動や厳しい自然環境の地域で使用するには非現実的だ。現在の自動車には一個のバッテリーが搭載されている。然し、日本全国はおろか世界中で、バッテリーの不法投棄に因る自然破壊は深刻だ。メディアを始め、電気自動車のバッテリーの廃棄問題に封印しているのは何故か?電気自動車向け投資ファンドを守る為か?(2009/06/30)

「新・ハイブリッド戦争」のバックナンバー

一覧

「自動車業界の“インテル”を探せ」の著者

細田 孝宏

細田 孝宏(ほそだ・たかひろ)

日経ビジネス 副編集長

1995年早稲田大学卒業。日経BPに入社し、日経ビジネス編集に配属される。日経アーキテクチュア編集、日経ビジネス・ニューヨーク支局長などを経て現職

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「4百万台クラブ」同様、「エコカー」をネタにした投資ファンドが始動していると言う事か?GMが栄華を極めた時代「オートラマ」と云うイベントを毎年開催し、未来の自動車社会を提案していた。シティーコミューター(都市で使用する充電式電気自動車)と既存の自動車(都市間と遠隔地に使用)を併用した「自動車社会モデル」を1950年代から提唱していた。因みに1960年代後半、デトロイト3(旧ビッグ3)は電気自動車とハイブリッド車を完成させていた。ハイブリッド車の心臓部、エンジンとモーターの円滑な動力切替技術の完成には、コンピューター技術の進歩を待たなければならなかった。「プラグ・イン式電気自動車」は大都市のコミューターには有効でも、長距離移動や厳しい自然環境の地域で使用するには非現実的だ。現在の自動車には一個のバッテリーが搭載されている。然し、日本全国はおろか世界中で、バッテリーの不法投棄に因る自然破壊は深刻だ。メディアを始め、電気自動車のバッテリーの廃棄問題に封印しているのは何故か?電気自動車向け投資ファンドを守る為か?(2009/06/30)

EV業界に”インテル”的な存在はありえるのでしょうか?インテルはデファクトスタンダードのMSと組むことで市場を制覇しましたが、モーター、電池等の部品はいくらでも替えが利きインテルのような独占的地位はありえません。また、EV関連部品の市場規模も完全にEVに移行したとしても、現在のエンジン、トランスミッションの原価に基づく市場規模を超えることはないでしょう。そうでないとEVの価格がEVの普及が拡大する程度まで下がらないからです。あまりこの分野に期待するのはいかがなものでしょうか。(2009/06/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長