• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

“持たざる”日産とマツダ、巻き返しの殺し文句は?

店頭で聞いてみた「ノン・ハイブリッド車」の販売トーク

  • 神農 将史

バックナンバー

2009年7月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 自動車関連の話題を独占する勢いのハイブリッド車。ただ、実際に売っているのはトヨタ自動車とホンダの2社だけだ。では、ハイブリッド車を商品に持たないメーカーはどうしているのか。記者(20代)は客として日産自動車とマツダの販売店を訪ねてみた。

「ハイブリッド車? はしゃぎ過ぎだよ」

 6月某日、都内のある日産系販売店に足を運んだ。ショールームに入って展示車を眺めていると、店のスタッフがにこやかに近づいてきた。胸の名札には「店長」とある。

 店長:どのようなクルマをお探しでしょうか。

 記者:初めてなのでよく分からないのですが、小さいクルマで十分です。

 店長:でしたら、「ノート」や「ティーダ」あたりになりますね。

 記者:テレビなんかで「プリウス」みたいなハイブリッド車がよく紹介されていますけど、本当に「お得」なのかよく分からないんですよね。いろんなメーカーのクルマを見て考えたいと思っているのですが、ハイブリッドってそんなにすごいものなんですか?

 店長:ハイブリッドはねぇ…。はしゃぎ過ぎだよ。

 記者:はしゃぎ過ぎ?

 店長:確かに燃費はいいですよ。でもね、余計な装置(ハイブリッドシステムのこと)を積んでるから高いんですよ。何十万円も高くなる。

 それに、今やってる(自動車重量税と自動車取得税の)減税にしても、実はそんなに差はないんですよ。

 プリウスは100%免税だけど、このノートも75%減税だから、税金は3万円くらいで済みます(注:正確には重量税が1万4100円、取得税が1万4900円で、合計2万9000円。「ノート15X」の場合)。

エコカー減税のメリットを訴える日産自動車のチラシ
画像のクリックで拡大表示

 おまけにプリウスは納車まで半年待ちですよ。今予約しても来年になります。減税に加えて、政府からの購入補助金も出ることにはなっていますが、こちらは予算を使い切ったら打ち切りです。今から注文したら間に合わないかもしれない。

 ところで、お客様はクルマを買ったら、どのくらいの頻度で乗られる予定ですか?

「10年乗らないと元は取れないと思いますよ」

 記者:うーん、平日は仕事ですから、土日くらいですかね。

コメント15

「新・ハイブリッド戦争」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長