• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ノキアとインテルが描く“過激な展開”

端末とインフラの性能ギャップを埋めろ

  • クロサカ タツヤ

バックナンバー

2009年7月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン) 3G S」が日本で発売されてから1週間がたち、購入した人と見送った人、その両方の声があちこちから聞こえてきた。しかし、筆者が聞いた限りでは、「新規にiPhoneを購入するのであればいいだろうが、買い替えであれば特に必要ない」という消極的な見解が概ね支配的だった。

 理由はいくつかあったが、最も大きな要因と考えられるのが、製造元の米アップルが同時期に実施したiPhone OS(オペレーティングシステム=基本ソフト)のバージョンアップが秀逸だということ。あえて3G Sに買い替えなくとも、前モデルの課題や不満が随分と解消された、ということである。確かにiPhoneはハードウエア的には数世代前のパソコンと同等以上の性能を有しており、OSなどのソフトウエアによって機能や性能が相対的に向上する余地は少なくない。それこそ最近のパソコンと同じで、毎シーズンごとに新機種に飛びつく必要はない。

日本で制限されたiPhoneの機能

 一方、現状のソフトバンクモバイル(以下、SBM)の低品質なネットワークであれば、3G Sの性能を十分に享受することはできないだろうから、買い替える意味はない、という声も同じく耳にした。実際、アップルの対応が優れていればいるほどSBMの対応がお粗末に見えるし、iPhoneという高機能端末がかえってSBMの課題を浮き彫りにした、という厳しい評価を下す人も少なくなかった。

 この「端末性能とネットワーク性能のギャップ」については、実はSBM自身も暗に認めている。というのは、iPhoneに搭載された「テザリング」という機能が、日本ではSBMの都合により提供されていないからだ。実際、株主総会などでの孫正義社長のコメントでも、ネットワークの事情により、「テザリングを認める予定はない」としている。

 テザリングとは、iPhoneのようなスマートフォン(多機能携帯電話)を、ノートパソコンなどからのインターネット接続用モデムとして使う機能のこと。この機能を認めるということは、パソコンベースでのインターネット利用時に発生する大容量のデータ通信を、通信キャリアが受け入れるということを意味する。

 SBMがそれを拒否しているということは、彼らのインフラはそうしたジャブジャブのデータ通信を許容できる能力がない、ということだ。そして彼らはインフラ投資を絞り込むことを既に明言しており、おそらく今後も改善は期待できないということだろう。

パソコンとケータイの一元化

 iPhone関係に限らず、SBMのネットワークの状況は、総じて厳しい。例えばパソコンのデータ通信に関しては、同業他社のイー・モバイルが提供する1.7GHz帯の回線(iPhone3Gは未対応)を、MVNO(仮想移動体通信事業者)として調達する。同じ3G規格の免許を持つ通信キャリアとして、インフラに投資せず外部から調達するというのは、その存在理由の否定でさえあり、経営全般に行き詰まっていると見ることができなくもない。

コメント4件コメント/レビュー

ノキアとインテルの提携が、どう過激なのかについての記述が少なくて、イメージしづらかったです。それから、ドコモがアイフォーンを出していたらハッピーに使えていたかどうかについては、あくまでエリアや回線の品質についてのみ同意します。ソフトバンクと同じ料金や自由度は無かったと思います。(2009/07/05)

「クロサカタツヤのケータイ産業解体新書」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ノキアとインテルの提携が、どう過激なのかについての記述が少なくて、イメージしづらかったです。それから、ドコモがアイフォーンを出していたらハッピーに使えていたかどうかについては、あくまでエリアや回線の品質についてのみ同意します。ソフトバンクと同じ料金や自由度は無かったと思います。(2009/07/05)

携帯について、よくわからないし、専門家でもない。一ユーザーとして言えば、今の携帯はもはや電話ではない。携帯電話にありとあらゆる機能をつけたために、逆にだめになっているのではないか?今の携帯電話はいらない。不必要な機能が多すぎる。テレビはテレビで見ればいい。音楽は音楽プレーヤでいい。PCですべきことは、PCですればいい。何でも取り入れたために、すべての機能に対して不満を覚える。アイフォンは電話もかけられるモバイルPCなのだろう。今の携帯は、若者の文化にすべて依存している。しかし、若者自体が携帯に飽きてきているように思う。そこが一番問題だと思う。なんでも無線で通信しないといけないのか?大量データ通信は有線、光でいいじゃないか。無理やり無線で、携帯でやろうとしてる気がする。若者も悪い。本来PCですべきことを、なんでも携帯で済ませてしまう。もっとまともにPCを使うべきだ。PC代をケチって、高額の通信費、携帯料金を支払う。理解不能だ。ケイタイのメルアドしか持ってない者を、わたしは仕事相手として、軽蔑する。(2009/07/02)

携帯網のインフラに膨大な投資を行ってきた先進諸国が携帯網インフラを前提とするLTEにこだわるのは当然。だが、携帯網の整備が済んでいない世界の大半の地域において、LTEが普及することは有り得ない。そんな膨大な投資は、金の無い新興国には不可能。WiMAXとLTEは、使われる要素技術はほぼ同じでその機能・性能も細かい違いはあるがユーザから見て同じようなもの。そして、スクラッチからのインフラ整備にかかる投資額は圧倒的にWiMAXが安い。インターネットのベースであるIP技術が既に携帯網の基幹をすら制してしまった現状では、世界の主流はWiMAXで決まりでしょう。既投資携帯網設備を活用せざるを得ない(償却しなければならない)地域のみLTE。先進国ではLTEとWiMAXが当初共存し、次第に設備償却が済んだところからIP技術(当面WiMAX)に収斂して行くと思う。intelがWiMAXからLTEに重点を移すことなど有り得ない話。(愚痩子)(2009/07/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長