• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ノキアとインテルが描く“過激な展開”

端末とインフラの性能ギャップを埋めろ

  • クロサカ タツヤ

バックナンバー

2009年7月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 多機能携帯電話「iPhone(アイフォーン) 3G S」が日本で発売されてから1週間がたち、購入した人と見送った人、その両方の声があちこちから聞こえてきた。しかし、筆者が聞いた限りでは、「新規にiPhoneを購入するのであればいいだろうが、買い替えであれば特に必要ない」という消極的な見解が概ね支配的だった。

 理由はいくつかあったが、最も大きな要因と考えられるのが、製造元の米アップルが同時期に実施したiPhone OS(オペレーティングシステム=基本ソフト)のバージョンアップが秀逸だということ。あえて3G Sに買い替えなくとも、前モデルの課題や不満が随分と解消された、ということである。確かにiPhoneはハードウエア的には数世代前のパソコンと同等以上の性能を有しており、OSなどのソフトウエアによって機能や性能が相対的に向上する余地は少なくない。それこそ最近のパソコンと同じで、毎シーズンごとに新機種に飛びつく必要はない。

日本で制限されたiPhoneの機能

 一方、現状のソフトバンクモバイル(以下、SBM)の低品質なネットワークであれば、3G Sの性能を十分に享受することはできないだろうから、買い替える意味はない、という声も同じく耳にした。実際、アップルの対応が優れていればいるほどSBMの対応がお粗末に見えるし、iPhoneという高機能端末がかえってSBMの課題を浮き彫りにした、という厳しい評価を下す人も少なくなかった。

 この「端末性能とネットワーク性能のギャップ」については、実はSBM自身も暗に認めている。というのは、iPhoneに搭載された「テザリング」という機能が、日本ではSBMの都合により提供されていないからだ。実際、株主総会などでの孫正義社長のコメントでも、ネットワークの事情により、「テザリングを認める予定はない」としている。

 テザリングとは、iPhoneのようなスマートフォン(多機能携帯電話)を、ノートパソコンなどからのインターネット接続用モデムとして使う機能のこと。この機能を認めるということは、パソコンベースでのインターネット利用時に発生する大容量のデータ通信を、通信キャリアが受け入れるということを意味する。

 SBMがそれを拒否しているということは、彼らのインフラはそうしたジャブジャブのデータ通信を許容できる能力がない、ということだ。そして彼らはインフラ投資を絞り込むことを既に明言しており、おそらく今後も改善は期待できないということだろう。

パソコンとケータイの一元化

 iPhone関係に限らず、SBMのネットワークの状況は、総じて厳しい。例えばパソコンのデータ通信に関しては、同業他社のイー・モバイルが提供する1.7GHz帯の回線(iPhone3Gは未対応)を、MVNO(仮想移動体通信事業者)として調達する。同じ3G規格の免許を持つ通信キャリアとして、インフラに投資せず外部から調達するというのは、その存在理由の否定でさえあり、経営全般に行き詰まっていると見ることができなくもない。

コメント4

「クロサカタツヤのケータイ産業解体新書」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長