• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

離陸するか「電池丸ごと交換ビジネス」

シリコンバレーから電気自動車に挑戦

2009年7月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 内燃機関に加えて電気モーターを駆動させることで大幅に燃費を改善させ、環境に優しいクルマの代表となったハイブリッド車。ホンダとトヨタ自動車が相次いで新型モデルを投入したことから市場は急拡大している。一方で、三菱自動車などが電気自動車の量産を決定するなど、自動車業界ではクルマの「電動化」が加速している。この流れに乗って、これまでなかった様々なニュービジネスが登場している。その1つが2007年、米シリコンバレーで創業したベンチャー企業、ベタープレイスが手がける電気自動車向け充電サービスだ。


 電気モーターだけで走る電気自動車は、走行中にCO2(二酸化炭素)を一切排出しないという利点がある。

 ただ、現在の電池の性能に限界があることから、1回の充電で走れる距離が満タンにしたガソリン車に比べて短い。例えば、三菱自動車が発表した「i-MiEV(アイ・ミーブ)」はカタログ上、1回の充電で走れる距離は160キロメートルと限られる。

 そこで、電気自動車向けに急速充電サービスはもちろん、電池そのものを充電済みのものと交換するサービスを始める企業が登場した。米シリコンバレーで創業したベンチャー企業、ベタープレイスである。

わずか1分間で“満タン”に

 この5月に来日したベタープレイスの創業者でCEO(最高経営責任者)のシャイ・アガシ氏は、横浜で同社が独自開発したという電池交換技術を世界で初めて披露した。

横浜での技術発表会には多数のメディアが関心を寄せた (写真:陶山 勉、以下同)
画像のクリックで拡大表示

 電気自動車が電池交換ステーションに入ると、クルマの下に設置されている機械が動きだし、自動的にクルマから電池を取り出す。そして、代わりに同じタイプの充電済みの電池を静かにはめ込む。

車体の下から自動的に電気自動車の電池を交換する
画像のクリックで拡大表示

 駐車してから、電池の交換を終えて出発するまでの所要時間はわずか1分。ガソリンを入れるより短くて済むことを繰り返し強調した。

 現在、アガシCEOが事業化を進めているのは自らの出身地でもあるイスラエル。同社はダウンタウンや勤務先、ショッピングセンターなどクルマを駐車する場所には急速充電スポットを設ける一方、ガソリンスタンドなどには今回披露した電池交換機を設置し、2011年にはサービスを開始する予定だという。

 イスラエルに設置する電池交換ステーションは100カ所を目標としており、顧客からは契約形態に応じて料金を請求する。

走行距離に応じて課金する

 契約は、タクシーなど走行距離が長い利用者には定額料金を適用し、あまり運転しないクルマは走行距離に応じて支払ってもらう。電池を売るわけでも電池の交換サービスを売るわけでもなく、あくまでも走行距離、つまり「キロ数」に応じた金額を払ってもらうという考え方だ。

コメント6件コメント/レビュー

ベタープレイス社」が倒産の憂き目に遭うまでに、この方式が定着するかどうか、は別として、「電池は交換できる」というスタイルが、電気自動車の本流になるだろうと、予想しています。ガソリン車では、エンジンが技術の「キモ」でしたが、電気自動車では「電池」がキモになるからです。(燃料電池車では、「発電装置」がキモですよね)。そして、電池はそもそもが、「箱」は統一されていても、「中身」を向上させることが可能。すなわち「3年前、新車を買った時には航続距離150キロだったけど、新型電池を選んだら250キロになった」などという「マイナーチェンジ」が可能なわけで。逆に「新型電池が出たので、同じ150キロの航続距離だけど、重量が100キロ軽くなった」てなことも。  それと、別の側面。日産が及び腰になったのなら、ここは「光岡自動車」の出番かも!エンジン供給を既存メーカーから受けなくて良いなら、もう自社開発できるんじゃない?光岡さん。(2009/07/07)

「新・ハイブリッド戦争」のバックナンバー

一覧

「離陸するか「電池丸ごと交換ビジネス」」の著者

石黒 千賀子

石黒 千賀子(いしぐろ・ちかこ)

日経ビジネス編集委員

日経BPに入社後、英LSEに留学し修士取得。日経ビジネス、日経ナショナルジオグラフィック、日経ベンチャーを経て、2003年日経ビジネスに編集委員として戻る。主に、本誌の「世界鳥瞰」の欄を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ベタープレイス社」が倒産の憂き目に遭うまでに、この方式が定着するかどうか、は別として、「電池は交換できる」というスタイルが、電気自動車の本流になるだろうと、予想しています。ガソリン車では、エンジンが技術の「キモ」でしたが、電気自動車では「電池」がキモになるからです。(燃料電池車では、「発電装置」がキモですよね)。そして、電池はそもそもが、「箱」は統一されていても、「中身」を向上させることが可能。すなわち「3年前、新車を買った時には航続距離150キロだったけど、新型電池を選んだら250キロになった」などという「マイナーチェンジ」が可能なわけで。逆に「新型電池が出たので、同じ150キロの航続距離だけど、重量が100キロ軽くなった」てなことも。  それと、別の側面。日産が及び腰になったのなら、ここは「光岡自動車」の出番かも!エンジン供給を既存メーカーから受けなくて良いなら、もう自社開発できるんじゃない?光岡さん。(2009/07/07)

「顧客からは契約形態に応じて料金を請求」と、契約制でローテーションさせるので、基本的に仕入れはほぼ初期費用だけのような話らしいですが、あとでは「高額な電池をこれだけ在庫として抱えながら...」と、電池を仕入れて売るような記述になっています。なんか支離滅裂です。ツッコミどころは、電池の劣化対応とか横持ち経費とかじゃないかとおもいました。(2009/07/02)

電気自動車の「電池交換、充電ビジネス」は将来有望だと考えてきた。日本では、現在駐車場業者がいち早くこの分野に進出するというニュースも聴いた。しかしこの記事を見るとそう簡単なものではなさそうだ。其れに車が電気化するとカーディーラーの修理工場の仕事が激減する可能性が有る。其れをカバーし、顧客を固定化する手段として「電池交換、充電」ビジネスは、かなり有効な手段になりうると思う。民間が手を出すには、未だ時期尚早なのかも知れない。(2009/07/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長