• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

モデルから変革すべき日本人の英語教育

社会人になって英会話を学ぶのはコスト高

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年7月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 海の仕事が中心だった頃には英語を使うことも多かったのだが、企業経営や小売流通、環境経営などに主軸を移したので、海外へ出向くことも英語を使うことも、めっきり減ってしまった。

 きっと私の英語力は退化していることだろう。海の仕事をしていた時代は、少年時代の英語の学習に感謝することが多かった。

 中学3年から高校1年までの2年間、英語の習得に集中した。友人の母の誘いに乗って、1年半ほど英会話を習うことにした。生徒は3人だけで、1回につき1時間半で週2回、ドイツ系アメリカ人で日本語がほとんど話せないローズマリーさんに教わった。彼女は米国で日本人宣教師と結婚し、日本勤務になった夫とともに来日していた。

 このローズマリーさんに教わったおかげで、英会話の基本をしっかり学ぶことができた。彼女は日本の地方都市、私の故郷である松山市に滞在していたのだが、子供たちの米国籍取得問題があり、1年半ほどで米国へ戻ってしまった。

 単語の最初に使われるYやWの発音も徹底的に教えられた。両方とも、力強く発音しなければ、その単語が伝わらない難しいアルファベットなのだ。

2年間集中して勉強できたおかげで英語で困らなかった

 本当は奥様のローズマリーさんではなくご主人の日本人に教えてもらう予定だったのに、彼は多忙で、全く日本語のできない奥様が教えてくれたのだが、たまにご主人が登場した。

 彼は私に、英会話のフレーズを話させて言った。
 「いいですね。イントネーションがいい。それ日本語で言ってみて」
 私が日本語を話した後で彼は言った。
 「やっぱり日本語の方がうまいね」
 人を褒めて育てる術も心得ていたのだ。

 並行して行ったのは、単語を覚えることだった。旺文社の「豆単」を使って、1年半に少なくとも6000語を覚えることにした。毎日20語を覚えるのだ。単語だけでなく、文章も覚えた。文法の教科書には典型的な文章、つまり例文が記されている。文法を知るよりむしろ例文を覚えることに徹した。さらに、休暇中には英語の小説やエッセイを読むことにした。

 一言で言えば、私の英語学習は、覚えることに集中したのだ。それが語学の勉強の王道だと思う。

コメント10

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長