• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

モデルから変革すべき日本人の英語教育

社会人になって英会話を学ぶのはコスト高

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年7月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 海の仕事が中心だった頃には英語を使うことも多かったのだが、企業経営や小売流通、環境経営などに主軸を移したので、海外へ出向くことも英語を使うことも、めっきり減ってしまった。

 きっと私の英語力は退化していることだろう。海の仕事をしていた時代は、少年時代の英語の学習に感謝することが多かった。

 中学3年から高校1年までの2年間、英語の習得に集中した。友人の母の誘いに乗って、1年半ほど英会話を習うことにした。生徒は3人だけで、1回につき1時間半で週2回、ドイツ系アメリカ人で日本語がほとんど話せないローズマリーさんに教わった。彼女は米国で日本人宣教師と結婚し、日本勤務になった夫とともに来日していた。

 このローズマリーさんに教わったおかげで、英会話の基本をしっかり学ぶことができた。彼女は日本の地方都市、私の故郷である松山市に滞在していたのだが、子供たちの米国籍取得問題があり、1年半ほどで米国へ戻ってしまった。

 単語の最初に使われるYやWの発音も徹底的に教えられた。両方とも、力強く発音しなければ、その単語が伝わらない難しいアルファベットなのだ。

2年間集中して勉強できたおかげで英語で困らなかった

 本当は奥様のローズマリーさんではなくご主人の日本人に教えてもらう予定だったのに、彼は多忙で、全く日本語のできない奥様が教えてくれたのだが、たまにご主人が登場した。

 彼は私に、英会話のフレーズを話させて言った。
 「いいですね。イントネーションがいい。それ日本語で言ってみて」
 私が日本語を話した後で彼は言った。
 「やっぱり日本語の方がうまいね」
 人を褒めて育てる術も心得ていたのだ。

 並行して行ったのは、単語を覚えることだった。旺文社の「豆単」を使って、1年半に少なくとも6000語を覚えることにした。毎日20語を覚えるのだ。単語だけでなく、文章も覚えた。文法の教科書には典型的な文章、つまり例文が記されている。文法を知るよりむしろ例文を覚えることに徹した。さらに、休暇中には英語の小説やエッセイを読むことにした。

 一言で言えば、私の英語学習は、覚えることに集中したのだ。それが語学の勉強の王道だと思う。

コメント10件コメント/レビュー

40代になってこちらUSに来て、もう10年ですが、それでもなかなか自分の英語が良いとは思いません。毎日、英語が標準の環境であっても。一方、一緒に連れてきた子供たちは英語がマスターできているようです。長男の方は、USに来たときにもう12歳でしたので日本語でまず考えるような形でしたので苦労したといっていましたが、もう大丈夫のようです。次男は、日本語の方がむしろ問題のような気がします。英語力と英会話力は、全く違うので英会話力をボーダレスの世界の中で使えるようにしないとだめでしょう。日本は、エネルギーもさらに食料も輸入しないとだめな国なのですから、英語や中国語が重要になるのは当然のことです。(2009/07/13)

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

40代になってこちらUSに来て、もう10年ですが、それでもなかなか自分の英語が良いとは思いません。毎日、英語が標準の環境であっても。一方、一緒に連れてきた子供たちは英語がマスターできているようです。長男の方は、USに来たときにもう12歳でしたので日本語でまず考えるような形でしたので苦労したといっていましたが、もう大丈夫のようです。次男は、日本語の方がむしろ問題のような気がします。英語力と英会話力は、全く違うので英会話力をボーダレスの世界の中で使えるようにしないとだめでしょう。日本は、エネルギーもさらに食料も輸入しないとだめな国なのですから、英語や中国語が重要になるのは当然のことです。(2009/07/13)

英語教育を選択科目化するのは、ある意味正解かも知れませんね。限られたリソースを少数精鋭に投入するという考え方は、合理的ですが非日本的ですので、本来なら受け入れられ難いのですが、こと英語に関しては科目そのものが非日本的なので、英語を学びたいと自発的に思う時点で非日本的な考えを受け入れる素地があると思います。一番最初のコメンテーターは、このコラムの全ての記事に同じ趣旨の書き込みをされていますが、非常に日本的な考え方の持ち主ですね。宮田教授と反りが合わないわけです。(2009/07/07)

英語に限らず、言語はコミュニケーションのツールに過ぎません。伝われば良いんです。▼では、どうやってそのツールを使いこなすか、そこに重点を置いて教育すればまたずいぶんと違うんでしょうけど。そのためには、英語でコミュニケーションができる英語教師が全日本に必要・・・相当ムズカシイですね。(2009/07/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授