• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

リーダーシップと政権交代

新政権はブレーンを作って実行力を高めよ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年7月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1972年に大学院修士課程を卒業し、ある重工会社に勤めていた私は、入社1カ月後のゴールデンウイークに大学に戻っていた。修士論文をしっかりとした成果にするため、学会提出論文作成の打ち合わせで大学に来たのだ。

 研究室で3年間私が使っていた席にいたのはミシガン大学出身の米国人L君だった。私と同じ研究テーマでこれから頑張るのだという。私のデスクを引き継いだ縁もあって、L君とは意気投合した。

 それから15年ぐらいが経って、L君は再び日本に滞在した。彼はニューオーリンズ大学の先生になっていて、サバティカル・リーブ(大学教員に与えられる長期有給休暇)で日本に戻ってきたのだ。私は29歳の時に東大に転職したので、助教授になっていた。

世の中を動かしたゴアのリーダーシップ

 飲みに行くと、彼はよくこう言った。
「今度の民主党政権はいいよ。クリントン(大統領)はいま一つだけど、ゴアはいい。ちなみにゴアは僕と同い年だ。あなたはクリントンと同じ年だよね。これから、僕らはクリントン・ゴア友達ということにしよう」

 この頃からゴア副大統領が打ち出した政策が「情報スーパーハイウエー」である。20年前、世界に後れを取っていたIT(情報技術)の世界で、新しい国家ビジョンとモデルを提案して、米国をITの覇者に導いたリーダーはゴアである。そのゴアは20年後に『不都合な真実』を書いて、米国だけでなく世界中にも環境エネルギー問題の重要さを再認識させて世の中を変えた。

 環境エネルギーの専門家は昔からいる。彼らは正しいことを発言していたに違いない。しかし、実行し、世の中を動かさなければ何の意味もない。

コメント6

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者