• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

国家技術開発プロジェクトの無様なマネジメント

大切なのは予算獲得後の「変化と成長」

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年7月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 商船の多くはディーゼルエンジンでプロペラを回して推進している。その仕組みは自動車とほぼ同じなのだが、船には変速機がないところが違う。船のエンジンとプロペラは直結されていて、ディーゼルエンジンの回転数は毎分100回前後である。

 モーターでプロペラを回す方式の「電気推進船」という船がある。これは、ディーゼルエンジンとプロペラを直結せずに、ディーゼルエンジンで発電機を回して発電し、電気でモーターを回す。この技術はそれほど難しいものではないので、古くから使われている。戦前は客船によく使われたが、最近の客船でも復活して、大型のクルーズ客船では定番の推進システムになっている。このシステムを使うと静かで、振動が少なくなるのでクルーズ客船に適しているのだ。

 この電気推進システムを2000~5000トンの内航船に応用しようというプロジェクトが2003年に始まった。内航船の主な荷物は石油製品と鋼材とセメントである。国のプロジェクトだった。その頃、国のプロジェクトにはなるべく関わらないようにしていた。ところが国土交通省の担当課長が、この職の人にとっては珍しいことを言うのだ。

 「先生にならついていけそうな気がします」

 そうして、内航船を近代化するこの計画のプロジェクトマネジャーを引き受けた。ところが予算を要求した時の企画案を見て驚いた。技術的に間違ったことが満載なのだ。

予算のついたプロジェクトは設計を修正できない

 スーパーエコシップ(SES)プロジェクトと命名されていて、骨子はこんな具合だ。

(1) 燃料費の少ないエコな船にする
(2) 電気推進システムを使って、安全で扱いやすく、高齢化の進む船員に合った船にする
(3) 主機関には、別の国家プロジェクトで開発した新設計のガスタービン・エンジン(ジェットエンジン)を採用する

 (2)と(3)は、(1)とは相容れないことである。エンジンで発電機を回して電気を作り、この電気を使ってモーターを回してプロペラで駆動するシステムは、エンジンで直接プロペラを回す方式より20%程度効率が悪い。20%ロスが発生するのだ。さらにガスタービンの燃費は普通のディーゼル機関より20%は悪い。

 エコな船の計画とはまるで反対の条件を2つもつけて国家予算を獲得してきたのだ。そして、一度予算がついた以上、修正はできないのだという。しかも、初年度だけではない。このプロジェクトが終了するはずの4年後まで、これは変えられないというのだ。

 手かせ足かせをつけて泳げと言われているに等しかった。

コメント13

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO