• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「逆転×逆転」で、夢のエンジンが動く

マツダ「SISS(スマート・アイドリング・ストップ・システム)」(その1)

2009年7月29日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 燃焼だけでエンジンをかける――。それは、120年以上の歴史を持つガソリンエンジンの開発を手がける技術者たちにとって、決してかなうことのない夢だった。

 自動車を走らせるには、ドライバーはまずキーを回す。すると、スターターモーターがシリンダー内にあるピストンを動かす。この時に、圧縮した空気と燃料に点火して、燃焼による爆発力を得ることで、エンジンが回転していく。信号待ちなどでアイドリングからのエンジン再起動も、基本的な原理は変わらない。

 燃焼だけでは、ピストンの初動に必要なパワーは得られない。だから、燃焼だけでエンジンをかけるのは不可能だった。

 それが可能に変わる時、そこには“魔法”が現れる。

 「乗れば分かります。マジックなんですよ。スターターモーターなしでエンジンがかかるっていうのは。何せ無音でクルマが動き出すのですから」

 マツダのプログラム開発推進本部主査、猿渡健一郎は目を輝かせる。

マツダのアイドリングストップ機構の開発に携わった、パワートレイン開発本部エンジン実験部CE性能実験グループアシスタントマネージャーの田賀淳一(左)と、プログラム開発推進本部主査の猿渡健一郎(写真:佐保 圭)

目標の3.8倍売れたエコカー

 不可能を可能にした技術。それは、SISS(スマート・アイドリング・ストップ・システム)と名づけられた。これにより、マツダは2006年、第16回日経BP技術賞の機械システム部門賞を受賞した。

 それから3年後。マツダは、新型「アクセラ」で、初めてアイドリングストップ機構を搭載したモデルを市場に投入した。アイドリングストップは、停車時の燃費を削ることができる。このため「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」及び「環境対応車普及促進対策費補助金(エコカー補助金)」の対象となった。

新型アクセラスポーツ「20S」(i-stop車)
画像のクリックで拡大表示

 6月に発売してから約1カ月で累計受注台数は7640台。月間販売目標2000台の3.8倍となる好調ぶりだ。このうち、アイドリングストップ機構搭載モデルが半分を占めるが、これも「当初の見込みを上回っている」(マツダ)という。

 ただ・・・。アイドリングストップ機構の名前は「i-stop(アイ・ストップ)」。調べてみると、燃焼だけでなく、「モーターアシスト」との組み合わせでエンジンを再始動させている。モーターアシストは、スターターモーターのような役割だ。

 やはり、燃焼だけでエンジンを再始動させるのは無理だったのか。猿渡に水を向けてみたところ、こんな答えが返ってきた。

 「結果的には燃焼だけでエンジンをかけられなかったんですねって、みなさんからよく言われるんですけれど。実際には、欧州で試作車を動かした時も、SISSのエンジンは全く問題ありませんでした」

 せっかく技術者たちの永年の夢だった「燃焼による再始動」の技術が実現しながら、なぜアクセラでは採用していないのか。ここには、技術者の夢と消費者の満足という狭間で決断を迫られた技術者の姿があった。

逆転の発想で不可能を克服

 少し時計の針を巻き戻そう。SISSの技術開発でチームリーダーを務めた人物が田賀淳一だ。今は、パワートレイン開発本部エンジン実験部CE性能実験グループアシスタントマネージャーである。

 田賀は1990年4月にマツダに入社して以来、エンジンの燃費改善技術に関する研究一筋を歩んでいた。その彼に、上司の山本博之が「おもしろい話があるので、試してみてくれ」と話を持ちかけてきたのは2002年4月のことだった。

コメント2

「踏ん張る! 日本の技術者たち」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長