• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ビジネスモデル転換を強いられる自動車メーカー

製造業とサービス業の融合モデルを確立せよ

  • 宮田 秀明

バックナンバー

2009年7月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近、あるプロジェクトで、日産自動車本社の役員室を訪れることがあった。その場所には、今からちょうど40年前、私が学生だった頃にも訪れたことがある。

 40年前、役員応接室でお目にかかったのは当時の副社長だった岩越忠恕さんだった(後の日産自動車第10代社長)。岩越さんは東京大学自動車部OB会の会長だった。私は部員で、OB会の担当だったり主将になったりしたので、何度か岩越さんに相談にうかがった。ほとんどはお金や車を無心しに行っていたのだ。

 3年生になった時、駒場キャンパス内に車庫を建てるプロジェクトが始まり、私が中心に企画することになった。それまでは時計台のある1号館の雨ざらしの中庭で、車を保管したり整備する状態が続いていた。

 大学と交渉して土地は確保したのだが、車庫を建てる資金がなかった。当時のお金で100万円は調達したかった。

 日産本社でお会いした岩越さんの答えはあっけないぐらいだった。
 「日産とトヨタで50万ずつ出してあげよう。豊田英二さんに言っといてあげるよ」

 自動車部の先輩のおかげだった。OB会を組織して会長に岩越さん、副会長に豊田英二さんをお願いしていたのだ。それがフル活用されたというわけだ。

資本自由化以降、日本の自動車メーカーの競争力高まる

 部活動への支援要請があまりにも簡単に決着した後、岩越さんは、最近の自動車産業の現状を論じだした。

 「政府は資本自由化を強行しようとしている。これはとんでもないこと。今、ゼネラル・モーターズ(GM)の経常利益は約3000億円、つまり日産の売り上げと同じ額です。資本自由化すればGMは日産を乗っ取ることだってできるのです。こんなことをしてはいけない」

 産業界の反対の声を無視して、政府は翌年の1970年に資本自由化を実行した。そして今、その効果を長い目で見れば、資本自由化によって日本の自動車産業の国際競争力が高まったと総括できる。

 子供の虎を谷へ突き落とすような当時の通産省の政策は、日本の自動車産業を育てたのだ。

コメント6件コメント/レビュー

言い換えれば自動車メーカーはEV化がされる数十年後までに、電装系で独自の付加価値を打ち出せるようになっていなければ後が続かないという事だと捉えました。アラウンドビューモニターや自動駐車支援システムなど、既にリードをしているメーカーもありますが、これらの特許権はEVが一般化する頃には満期を迎えてしまっているだろうと思われますし、競争の本番はまだまだこれからでしょう。また、EV化が進んでも、今の家電やメーカー製PCの様に付加価値をテンコ盛りすることでそれほど低価格化は進まないような気もします。(KY)(2009/08/03)

オススメ情報

「宮田秀明の「経営の設計学」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

言い換えれば自動車メーカーはEV化がされる数十年後までに、電装系で独自の付加価値を打ち出せるようになっていなければ後が続かないという事だと捉えました。アラウンドビューモニターや自動駐車支援システムなど、既にリードをしているメーカーもありますが、これらの特許権はEVが一般化する頃には満期を迎えてしまっているだろうと思われますし、競争の本番はまだまだこれからでしょう。また、EV化が進んでも、今の家電やメーカー製PCの様に付加価値をテンコ盛りすることでそれほど低価格化は進まないような気もします。(KY)(2009/08/03)

[人は石垣。人は城。]優れた人材を集め,これを教育し,より優れた人財として社業を興隆する。それが経営の根幹であると感じました。すぐれた経営の設計図はまた優れた人財の育成計画表でもあるとおっしゃっているように感じたのは気のせいでしょうか。そのために「何を」したらいいのか。もう少し具体的にご教示いただきたいと感じました。(2009/07/31)

燃料電池、風力発電、太陽電池を担当する人はこれほど正直に論理展開できない。補助金など、何等かのしがらみやミッションを課せられているからだ。筆者は、ハイブリッドが必要とする、エンジン、CVT、同期電動機、充電池、インバータの立場で発言しているが、それらはもっとも台数が見込める乗用車市場の製品である。だからこそ充電池が下がるといえる(見込める)訳で、下がるならばEVまでいくだろう。そうなると自動車会社のビジネスモデルに変革を迫る、というものだ。ただ、EVまでの道のりには充電設備が必要になる。皆が自宅に駐車場を持ってはいない。コインパーキングのように電源のある駐車場であれば比較的楽かもしれないが、EVまでにはそれなりの時間が必要だ。だからこそのプラグインハイブリッド。最終的には充電インフラ業のビジネスモデル成否が課題である。電力など、エネルギー産業の変革も必要なはずで、本来なら経産省は遊んでられないが、混迷する世の中では筆者のような骨太のエンジニアに期待するほかない。個人的には、もっと軽い充電池、設置容易な電力貯蔵機能をもった充電インフラが必要と思うが、それは次として「今」頑張るべきだ。(2009/07/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

今や中国は、米国よりも世界的な経済力がある。

イアン・ブレマー 国際政治学者