• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

それは技術者の夢なのか、エゴなのか

マツダ「SISS(スマート・アイドリング・ストップ・システム)」(その2)

2009年8月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回のあらすじ)

 マツダは、スターターモーターなしでエンジンを再始動できるSISS(スマート・アイドリング・ストップ・システム)を開発。試作車レベルでも問題なく動作した。ところが、SISSは市場に登場することはなかった・・・。

 2005年10月の東京モーターショーで、マツダが公開した「モーターを使わずに燃焼だけで再始動できる」という“夢のエンジン”SISS(スマート・アイドリング・ストップ・システム)。社内では既に商品化に向けた取り組みが始まっていた。同年4月から、量産化の検討が続いていたのだ。

 この業務を担当したのが、現在はプログラム開発推進本部主査である猿渡健一郎である。

 猿渡も自動車開発に携わる技術者として、SISSに大きな期待を寄せていたのは間違いない。ところが、現実にモノを手にして、すぐに頭を抱えることになった。技術課題が山積みと分かったからだ。

 「彼ら(エンジン開発などに当たる基礎技術の研究者)は、エンジンしか見ていません。あくまでもエンジンの範疇で『こういう制御をすれば、止まります、かかります』と出してきます。ユニットとしては成立しています。けれども量産となると、エンジンをクルマにどう配置するか、快適な操作性を実現できるかといった課題が入ってくるわけです」

マツダのアイドリングストップ機構の開発に携わった、パワートレイン開発本部エンジン実験部CE性能実験グループアシスタントマネージャーの田賀淳一(左)と、プログラム開発推進本部主査の猿渡健一郎(写真:佐保 圭)

 悩みは尽きなかった。

 「可能な限り、リスクを排除したいというのが本音。だって、期日切られているわけで(笑)。『この予算で、この期間で、この計画でやってくれ』って会社から言われています。そのリスクを整理しようと思った瞬間に『あれも見なければいけない、これも見なければ』と課題がいっぱい出てくる・・・仕方ないですけどね。それを彼ら(研究者)に頼んだ瞬間、自由な発想は出ませんから」

 また、“夢のエンジン”完成まで責任を持て、ということだったのだろうか。生みの親の1人だった田賀淳一(現・パワートレイン開発本部エンジン実験部CE性能実験グループアシスタントマネージャー)も、技術開発部門から商品開発部門へと異動し、量産化に携わることとなった。

「なんでいいところを殺すんや」

 いよいよ「燃焼だけで再始動できる」という夢のエンジンを商品化に持っていく段階に突入した。

 オートマチックシステムにはどう対応させるか、コストはどう抑えるかなど、様々な課題を洗い出しては、一つひとつ解決していった。中でも難問となっていたのは、「クルマの振動」だった。

 田賀は、こう例える。「古いディーゼルエンジンは、止めた時にかなり車体が震えまよね。あれの“かわいい”のが起こってしまうんです」

 車体で何が起きているのか。猿渡が詳しく解説する。

 「スロットルに円盤が入っていて、これでバルブを開いたり閉じたりしてエンジンの回転の落とし方をコントロールしているのです。エンジンの回転をゆっくり落とせば落とすほど、狙ったところにピストンを止められます。ただ、落ちていくエンジンの回転数がパワートレインの共振周波数の部分をゆっくり通っていくと、結果的に車両側が持つ共振周波数と合致して、振動が出てしまう。たちの悪いことにクルマをすりこぎで回したような揺れなので、場合によっては人が酔ってしまうんです」

 「私はエンジンだけしか研究してこなかったので、クルマ全体の音や振動は分かりませんでした。そういう意味で、ハードルは高かった」と語るように、田賀にとって車体の振動は専門外だった。

 そこで、解析チームはエンジンと車両系のモデルを作り、「振動」の回避方法をコンピューター上でシミュレーションした。さらに車両系部門にも相談し、マウントのバネ調整やレイアウトといった対策が施された。百戦錬磨の技術者たちが、「振動」を抑える工夫に知恵を絞った。

 だが、「振動」の問題を解決する決定打はなかなか見つからない。ただ、時間だけが容赦なく過ぎていった。

コメント6

「踏ん張る! 日本の技術者たち」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO